宮前区版 掲載号:2016年9月30日号 エリアトップへ

市政報告 小児医療費無料化一部負担金導入は許せません 川崎市議会議員 石川けんじ

掲載号:2016年9月30日号

  • LINE
  • hatena

 10月17日まで行われている第3回市議会定例会で小児医療費の小学校4年から6年までの無料化とともに、最大500円の窓口負担を導入する議案が提案され、議論になっています。

 福田市長は、日本共産党の代表質問への答弁で、その理由を「恒久的な支出を伴う」「全国的な医療費の増大や医療機関の疲弊」などを勘案した結果、「保護者に負担していただく決断をした」と述べています。

 しかし、小児科の疲弊の問題は、小児科不足の根本的な解決策を国を含めて考えることです。市の財政状況も、2015年度の決算は、当初予算で計上された54億円の「減債基金」からの借り入れを行うことなく、さらに積み増しをした上で、2億700万円の黒字決算となりました。これは、収支が黒字に転じるのは2019年度からとしていた市の財政の見通しよりも4年も早いことになります。さらに市の「貯蓄」とも言える「減債基金」の残高が2015年度末で約1961億円になり10年後には約3000億円になると予測されています。「財政が困難」とはいえない状況です。私たちは、当面、小学校6年生までの小児医療費の完全無料化を、所得制限を無くし実施する条例の修正案を提案する予定です。

日本共産党川崎市議会議員(宮前区) 石川けんじ

〒216-0024 川崎市宮前区南平台18-15

TEK:044-978-0456
FAX:044-978-0345

http://www.ishikawa-kenji.jp/

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

地域の声を市政に!市長に要望書を提出

市政報告Vol.28

地域の声を市政に!市長に要望書を提出

川崎市議会議員 矢沢たかお

12月6日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!動物愛護(犬猫)を考えて!

データから川崎の変遷を読み解こう!

宮前ガバナンス11月号 連載寄稿

データから川崎の変遷を読み解こう!

〜見えた課題を克服し、本市のポテンシャルへ〜 川崎市議会議員 石田やすひろ

11月15日号

未来を担う子どもたちに東京五輪に携わる機会を

県政報告

未来を担う子どもたちに東京五輪に携わる機会を

県議会議員(自民党)持田文男

11月1日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革‼台風19号被災者支援について!

キャッシュレス時代の波に乗ろう!

宮前ガバナンス10月号 連載寄稿

キャッシュレス時代の波に乗ろう!

〜キャッシュレスポイント還元事業がスタート〜 川崎市議会議員 石田やすひろ

10月18日号

子どもが入って遊べるきれいな川に向けて

地域の声を議会に! 市政報告Vol.27

子どもが入って遊べるきれいな川に向けて

川崎市議会議員 矢沢たかお

10月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク