宮前区版 掲載号:2016年11月25日号 エリアトップへ

花の台町内会 囲碁で交流続けて10年 会員の親睦深める

文化

掲載号:2016年11月25日号

  • LINE
  • hatena
会員同士腕を競い合う
会員同士腕を競い合う

 花の台町内会(田村伸一郎会長)の囲碁同好会が設立10年を迎えた。

 同会は囲碁を楽しみながら町内会員の親睦・交流を目的に2006年に発足。現在26人の会員がいる。

 活動当初は会員が30人ほどいたものの、月2回の例会の参加者は5、6人で継続できるか不安もあった。

 しかし、町内会主催の地域イベントへの参加などを通し地道な広報活動を展開。さらに会員向けの囲碁教室などを開催するなど内容の充実に努め、徐々に参加率も上昇。常時17、18人が参加するまでになり例会も月5回に増えた。

 現在も宮前平小学校の学校開放行事で子ども囲碁教室を実施したり、2007年からは同会主催の囲碁大会も年2回開催している。

 例会では60歳から70歳代を中心に90歳代も2人参加するなど、真剣に楽しそうに打ち合う姿が見られる。同会の発起人でもある藤本正夫会長は「周囲に支えられ10年続けてこられました。囲碁は難しいイメージをもたれることもありますが、初心者でも楽しめるゲームです。若い人にも加入してもらってこれからも会を盛り上げていきたいですね」と話している。

宮前区版のローカルニュース最新6

清掃で広がれ地域の輪

鷺沼町会

清掃で広がれ地域の輪 社会

さぎぬまSC初参加

10月15日号

土橋今昔まち歩き

手作り冊子 第2弾完成

手作り冊子 第2弾完成 文化

向丘第1地区民児協

10月15日号

今季も「攻めて勝つ」

バレー女子NEC

今季も「攻めて勝つ」 スポーツ

山内主将が意気込み

10月15日号

公共施設に生理用品

川崎市

公共施設に生理用品 経済

民間が協力、個室で提供

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook