宮前区版 掲載号:2016年12月9日号 エリアトップへ

11月のアジア選手権で水球日本代表として初の金メダル獲得に貢献した 飯田 純士(あつと)さん 区内野川在住 22歳

掲載号:2016年12月9日号

  • LINE
  • hatena

支援に感謝し東京を目指す

 ○…この夏のリオ五輪に続き11月に東京で開かれたアジア選手権に水球日本代表として出場。見事初の金メダル獲得に貢献した。「優勝するまで初めてということは知りませんでした。歴史的なことに関われて大変うれしいです。32年ぶりのオリンピック出場を経て、着実に強くなっていることを知ってもらえたかなと思います」と笑顔で語る。オリンピックについては、「常に緊張感があったが楽しめた」と振り返る。

 〇…水球を始めたのは小学3年生のとき。親に言われやっていた水泳に少々飽きてきた頃、3つ上の兄がやっているのを見て、自発的に飛び込んだ。「水の中でボールを扱うこと、試合中常に浮いていることなどが不思議に見え、やってみたら想像以上に難しかったが、ワクワク感がたまらなかった」とどっぷりはまった。中学・高校と部活は水泳、水球はスイミングクラブでという生活を過ごし、名門日本体育大学へ。いつしか競技者として勝ちにこだわるようになったが、子どもの頃に感じた楽しさを失うことはなかったという。

 〇…青森市で生まれ育ち、遊びも含め自然の中で過ごした。「やんちゃだった」という子ども時代は、よく親が学校に呼ばれていたと苦笑する。この春からは東京ガスエスネット(株)に就職。社会人1年生として、競技と仕事の両立を目指す。「会社の理解もあり、職場のスタッフもよくしてくれます。日々の食事面もサポートしてくれる人がいるのですごくありがたいです」と、周りへの感謝を口にする。

 〇…世界での戦いを経て自分自身の課題もみつかった。「東京オリンピックに出たい」。そのためのレベルアップは必須だ。と同時に水球のさらなる発展にも尽力したい。「講演のお話などもいただいたりするので、それら全部をこなしていくことが大事だと思う。いろいろな人の助けを借り、感謝を力にしてがんばりたい」。2020年に向けて、チャレンジは続く。

宮前区版の人物風土記最新6

安齊 久男さん

川崎市連合遺族会の会長として戦争の悲惨さを伝える

安齊 久男さん

西野川在住 84歳

4月16日号

古川 由美子さん

民間枠の聖火ランナーとして大磯町を走る

古川 由美子さん

土橋在住 56歳

4月9日号

岡野 正志さん

宮前図書館の館長を務める

岡野 正志さん

宮前平在勤 59歳

4月2日号

北村 清士さん

ヨネッティー王禅寺でパステル画教室の講師を30年務める

北村 清士さん

菅生ヶ丘在住 83歳

3月26日号

田代 流生(りゅうい)さん

障害者の芸術活動を支え、彼らが地域で普通に暮らせる社会をめざす

田代 流生(りゅうい)さん

有馬在住 39歳

3月19日号

松澤佑紀さん

アマビエを描く地上絵企画を発案した

松澤佑紀さん

向丘中学校勤務 37歳

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter