宮前区版 掲載号:2016年12月23日号 エリアトップへ

感染症発生、対応力試す 市初、シナリオなしの訓練

社会

掲載号:2016年12月23日号

  • LINE
  • hatena

 感染症の疑いありという模擬患者役以外、関係者には一切シナリオを明かさず医療機関や関係行政機関の対応を見るブラインド訓練が7日、聖マリアンナ医科大学病院で行われた。市内では初の試みだという。

 参加したのは同大学病院、区保健福祉センター、市健康安全研究所、市健康福祉局保健所。

 状況開始は感染症の疑いのある患者からの聖マリ医大病院への一報。同医大病院と区、市の関係機関が協力し、感染症の特定や、感染症指定医療機関への搬送、まん延防止のための情報収集や情報共有、さらに、報道発表に向けた国への報告などが行われた。

 普段はこの一連の流れを参加者が承知して進めるが、今回の訓練の情報は、患者から一報が入るということのみ。各機関が定められた手順にのっとり最適な行動ができるかが試された。

 課題の1つとして挙げられたのは医療機関や区、市、国と関係機関との情報共有。Eメールを使った場面があったが迅速性、正確性を考えた場合、電話連絡が適切などという声があった。

 なお、27日には今回の訓練の参加機関で課題共有会議を開催予定。訓練ででた課題を共有し、備えを充実させていくという。

 「年末年始は海外に行かれる市民も多い。万一に備えて万全を期したい」と市保健所担当者は話した。

宮前区版のローカルニュース最新6

宮崎第4公園でバザー

宮崎第4公園でバザー 社会

「おさがりで」交流づくり

5月27日号

心のケアの企画展示

宮前図書館

心のケアの企画展示 社会

有名芸人訃報受け

5月27日号

宮前平二葉SCが初優勝

サッカー宮前区長杯

宮前平二葉SCが初優勝 スポーツ

中央大会へ

5月27日号

3年ぶり さぎ沼まつり

3年ぶり さぎ沼まつり 文化

フェスとバル

5月27日号

昔話に花咲かせ

昔話に花咲かせ 社会

若年性認知症本人の集い

5月27日号

中学給食 献立募る

川崎市

中学給食 献立募る 教育

初の生徒投票も      

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook