宮前区版 掲載号:2017年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

眼科 白内障は発症したら治りますか?

笹元威宏院長
笹元威宏院長
白内障は、アトピーや糖尿病等の病気やステロイドなどの薬の影響のほか、外傷によって発症する場合と、加齢により発症する場合があります。

 一般的に多い加齢性の白内障は、初期のうちは自覚症状がほとんど無く気づきにくいですが、早ければ40代から発症する人もいます。また、先天性の白内障もあり、子どもでも発症するケースもあります。

 白内障は、眼の中にある水晶体というレンズの役割をする部分が徐々に濁る病気です。放置しない限り失明することはありません。

 白内障を発症すると、様々な自覚症状が現れます。名称のとおり白く見える場合もありますが、そういう症状ばかりではありません。水晶体が濁るため光が眼の中に十分に入らなくなり、物が薄暗く見える場合の方が多いです。また濁り具合によっては水晶体内で光が乱反射し、眩しく見える場合もあります。特に車を運転する方は、夜道でこの様な症状を感じることもあるので注意が必要です。さらに霧がかかったような症状を引き起こす場合もあり、視力が低下したことが原因と勘違いする人が多く、視力検査で急に視力が落ちた方などは、白内障を疑う必要があります。

 白内障は進行していない状態では自覚症状がなく気づきにくい疾病です。しかし発症すると薬では治りません。治すためには手術が必要になります。ただし、白内障の患者さんが皆手術が必要なわけではありません。見え方に不自由を感じるようになった時に手術を選択します。「できれば手術は受けたくない」という方には、点眼薬を使用することもあります。

 手術も医療技術の進歩により、現在では手術室を完備している医療機関では日帰り手術も一般的です。

 いずれにしても早期発見できればその後の生活も治療も負担が軽減されるので、検査が非常に重要です。

当院では手術室はもとより、最新の検査機器も備えてあります。不安があれば専門医に相談を。

昨年5月に開院
昨年5月に開院

宮崎台ささもと眼科

川崎市宮前区宮﨑2-9-3メゾン・ド・バッハ2階-A

TEL:044-789-8885

http://sasamoto-eye-clinic.com/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6件

小児矯正の開始時期は早い方が良い?

『知っておきたい矯正治療のポイント』 シリーズ1

小児矯正の開始時期は早い方が良い?

2月16日号

大腸・胃がん、早期発見で健康長寿へ

シリーズ【6】

大腸・胃がん、早期発見で健康長寿へ

2月16日号

「私立中高一貫校生専門塾」だから出来る!

春期講習申込受付中

「私立中高一貫校生専門塾」だから出来る!

2月16日号

いよいよセール、17日から

「その痛み、根本から改善を」

辛い肩コリ、腰痛などの慢性症状… 完全予約制貸切

「その痛み、根本から改善を」

2月16日号

年齢肌に「塗る高純度プラセンタ」

ハリ・弾力を与え、シミ・シワ・たるみをケア

年齢肌に「塗る高純度プラセンタ」

2月16日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク