宮前区版 掲載号:2017年3月3日号 エリアトップへ

日本精工(株)鷺沼運動場 区民も土日利用可能に 地域スポーツ活動に貢献

社会

掲載号:2017年3月3日号

  • LINE
  • hatena

 総合軸受メーカーの日本精工(株)(東京都品川区・内山俊弘代表)が保有する鷺沼運動場(鷺沼4の4の1)の区民利用が見直された。区民からの要望を受け、2月1日から土日の利用も可能になった。

 地域住民の要望を受け、利用日をこれまでの水曜日から金曜日を2月1日から社員等の利用がなければ土日も利用が可能になった。利用できるのは軟式野球(練習のみ)、ソフトボール、サッカーができるBグラウンド(図参照)のみに限られる。

 同運動場は地域住民から「市民も使えないか」という問い合わせを受けた同社が「区民の生涯スポーツの振興と地元の活性化に寄与したい」と地域貢献の一環として2006年から区民らに貸し出している。

 その後も宮前区と地域住民は、区内に自由に利用できる運動場が少ないという現状から、より多くの住民が利用できるよう同社に土日の利用の拡大を求めてきた。

 利用資格は、これまで同様区内在住、在勤または在学の10人以上で構成している団体・グループ。利用を希望する場合は区役所地域振興課で利用団体登録を行った後、日本精工健康保険組合あてに利用日の1カ月前から1週間前までに利用申請を行う必要がある。

 同運動場は同社が社員の健康推進や親睦を深めることを目的に1970年に開設された。同社担当者は「鷺沼のまちは、のどかな田園地帯から閑静な住宅街へと発展を遂げました。今後も宮前区の皆様に日本精工の運動場をご活用頂き、生涯スポーツの振興や地域の活性化に貢献できれば幸いです」と話す。

 利用してきた地域住民は「要望がようやく叶った。地域のためにもいいこと。これからも使っていきたい」と話した。
 

宮前区版のトップニュース最新6

さくら坂商店街が誕生

宮崎台

さくら坂商店街が誕生 社会

20店舗・団体でスタート

5月22日号

巻き込み広げる支援の輪

【Web限定記事】ビヨンドザリーフ

巻き込み広げる支援の輪 社会

シニア手編みマスクで寄付

5月22日号

4世代でCD作り

野川在住福本さん

4世代でCD作り 文化

音楽一家、動画配信も

5月15日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 社会

代替案急務も現場頼み

5月15日号

「子フェスタ」ウェブ開催に

「子フェスタ」ウェブ開催に 教育

公開中、イベント自粛受け

5月1日号

馬絹交差点にポスト新設

宮前郵便局

馬絹交差点にポスト新設 社会

住民要望で5年越し実現

5月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月23日19:33更新

  • 5月21日10:18更新

  • 5月16日10:27更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク