宮前区版 掲載号:2017年3月3日号 エリアトップへ

医大発ベンチャーナノエッグ 経産大臣賞を受賞 医の分野への挑戦を評価

社会

掲載号:2017年3月3日号

  • LINE
  • hatena
総理官邸での授賞式で安倍首相と並び微笑む山口代表
総理官邸での授賞式で安倍首相と並び微笑む山口代表

 聖マリアンナ医科大学(区内菅生)発のベンチャー企業、株式会社ナノエッグ(東京都港区/山口葉子代表)が先月20日、ベンチャー創造協議会主催の「日本ベンチャー大賞」で経済産業大臣賞を受賞した。独自の皮膚浸透技術を活用した化粧品の製造・販売から、浸透技術の医療分野での活用を目標に研究に取り組み、女性として挑戦する姿勢が評価された。

 「日本ベンチャー大賞」は次世代を担う若者や起業家のモデルとなる新事業を創出した起業家やベンチャー企業を表彰するもの。全国から130件の応募が寄せられ、内閣総理大臣賞1件・経済産業大臣賞2件・農林水産大臣賞1件・審査委員会特別賞2件が選出された。(株)ナノエッグが受賞したのは経済産業大臣賞にあたる「女性起業家賞」。女性起業家からの応募案件(21件)の中で他の模範となるものとして最も高い評価を受けた。

 同社は聖マリアンナ医科大学の皮膚科学研究を事業として発足させた企業。2006年の創業以来、同医大との共同研究の中で生まれた独自の皮膚浸透技術を応用した化粧品を中心に開発・販売を行っている。女性ならではの目線でニーズを汲み取ると共に安全性に考慮し代表自らの肌で使用試験を行う等、徹底して取組んでいる。現在、事業も軌道に乗り新商品の発売等と共に、さらなる技術革新のため日々研鑽している。

 同社が目標とするのは独自の浸透技術を発展させた医療分野での活用。薬剤を皮膚から浸透させて患部に直接届けることを可能にし、注射針を必要としない投薬の実現を目指す。注射針が不要になれば物資の少なさや衛生面で問題を抱える発展途上国でも活用できる。今回は「医療技術の革新」を目指して会社一丸で取り組む姿勢が評価された。山口代表は「自分の目指す研究を実用化するために企業を設立し高く評価いただき心より嬉しい。熱い大きな夢の実現のため今後も努力していく」と話した。
 

宮前区版のトップニュース最新6

さくら坂商店街が誕生

宮崎台

さくら坂商店街が誕生 社会

20店舗・団体でスタート

5月22日号

巻き込み広げる支援の輪

【Web限定記事】ビヨンドザリーフ

巻き込み広げる支援の輪 社会

シニア手編みマスクで寄付

5月22日号

4世代でCD作り

野川在住福本さん

4世代でCD作り 文化

音楽一家、動画配信も

5月15日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 社会

代替案急務も現場頼み

5月15日号

「子フェスタ」ウェブ開催に

「子フェスタ」ウェブ開催に 教育

公開中、イベント自粛受け

5月1日号

馬絹交差点にポスト新設

宮前郵便局

馬絹交差点にポスト新設 社会

住民要望で5年越し実現

5月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月23日19:33更新

  • 5月21日10:18更新

  • 5月16日10:27更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク