宮前区版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

「神奈川フィルハーモニー管弦楽団」のソロ・コンサートマスターを15年務める 石田 泰尚(やすなお)さん 多摩区出身 44歳

己を試し、駆け上がる

 ○…80人規模の奏者が集う、オーケストラのかじ取り役「ソロ・コンサートマスター」を神奈川フィルで担い、今春で丸16年。「神奈川県唯一のプロのオケ。これだけの人数が一つの音楽をやるってすごいこと。客席から見て、聴いてみてほしい」。世代を問わず多くの人を、心から楽しませたい。そう願い、弾き続ける。

 ○…登戸で生まれ、3歳でバイオリンを始めた。野球やサッカーが好きだった少年は、小5でジュニアオーケストラに入団。心が揺れたのは、府中市の高校に通っていた3年秋。進路の候補だった付属大学の校舎を見学した。「何か違う」。そう直感し、音大を目指して猛勉強を開始。小6まで師事した、国立音楽大学出身の恩師の勧めで同大へ。女子学生が大半の音大で存在感を示し、自分はすごいと勘違いした時期があった。「現状に満足するな」。目を覚まさせてくれたのが、4年のとき教授に言われた一言だ。絶対、プロになる――。

 〇…その後、プロオーケストラから出演依頼が舞い込んだ。エキストラは後ろで弾くのが一般的だが、用意された場所はコンサートマスターの横。「(コンマスになれる)チャンスだと思った」。大舞台で緊張もなく、いい感触をつかんだ。大学を首席で卒業後、神奈フィルの常任指揮者の目に留まり、コンマスとして2000年夏にゲスト出演。翌年、その座に就いた。以降、ソロにアンサンブルと音楽の幅を広げ、今では多いときでひと月の半分が公演で埋まるほど。「このスケジュールでどこまでやれるか。自分を試してる」。特徴的な髪型や服装も、己に課すプレッシャーの一つだ。

 〇…観衆を惹きつける長渕剛さんは、中学時代からの憧れ。3年前に結成した、メンバーも分野も固定しない男性弦楽奏者の集団「石田組」が活動の軸だ。「堅苦しくなく聴きやすい音楽がいい。クラシックに限らず、気持ちよく聴いてもらえたら」。先頭に立ち、魂の音楽を全国に広めていく。

宮前区版の人物風土記最新6件

鈴木 市藏さん

第30回川崎市自治功労賞を受賞した

鈴木 市藏さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

宮崎 朝子さん

川崎出身の3ピースロックバンド「SHISHAMO(シシャモ)」のギターボーカル

宮崎 朝子さん

2月2日号

川瀬 典宏さん

川崎青年会議所の第68代理事長に就任した

川瀬 典宏さん

1月26日号

河合 来夢(らむ)さん

ブレークダンスで10月のユース五輪出場を目指す

河合 来夢(らむ)さん

1月19日号

四宮(しのみや) 菊乃さん

女子ボクサーとして史上最年少で3月、プロデビュー戦に挑む

四宮(しのみや) 菊乃さん

1月12日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク