宮前区版 掲載号:2017年3月24日号 エリアトップへ

『せいじのみかた』VOL.‌78 企画・制作/県進会 元気に100歳時代!教職員人件費「ねじれ」解消! 神奈川県議会議員 飯田満

掲載号:2017年3月24日号

  • LINE
  • hatena

 本日(24日)、県議会本会議で、平成29年度予算案の採決がおこなわれます。皆様が本紙を読まれている頃は、既に予算案が成立している頃でしょう。

 県の平成29年度歳入歳出予算は、1兆9402億3100万円で、県民1人あたり約21万円2千円になりました。

 歳出では、世界で例を見ない速度で進行する神奈川県の超高齢社会に関連し、介護・医療費が増加となり、10年前の平成19年度比で約2倍の3716億円となりました。昨年、我が国の100歳以上の方々の人口は約6万5千人。2050年には約68万3千人が100歳を超える推計です。

 県では、100歳時代に対応するため「100歳時代の設計図」として、健康寿命を延ばすため、健康から病気へ移行する間のグレーゾーン、所謂「未病」を治す取組みとして、投資的経費を重点施策に投入していることが予算の特徴です。

 県予算の歳出は、人件費(県職員、警察、教職員)、介護・医療・児童関係費、税交付金等で、約83%を義務的経費が占めています。一方、政策的経費は3232億円(16・7%)に留まっています。

 来年度からは、政令市の小中学校における教職員人件費が県費負担から政令市へ移譲となり、私の公約でもある「ねじれ解消」が実現します。今後も着実に成果を出してまいります。
 

神奈川県議会議員 飯田 満(県進会)

川崎市宮前区菅生1-4-51

TEL:044-978-1128

http://www.iidaman.net

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ禍の県政「連携」がキーワード

県政報告

コロナ禍の県政「連携」がキーワード

県議会議員(自民党)持田文男

4月2日号

町内会・自治会支援『補助制度』創設へ

議会質問が前進 市政報告

町内会・自治会支援『補助制度』創設へ

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

3月26日号

新型コロナ対策に積極提言‼

市議会報告 みらい川崎市議会議員団

新型コロナ対策に積極提言‼

3月26日号

震災伝承 命最優先を

東日本大震災の発生から10年 市政報告

震災伝承 命最優先を

公明党川崎市議会議員団 山田はるひこ

3月26日号

特定生産緑地の指定推進事業行政手続きのオンライン化

市政報告Vol.34

特定生産緑地の指定推進事業行政手続きのオンライン化

川崎市議会議員 矢沢たかお

3月19日号

「リニア新幹線工事」は中止を

市政報告

「リニア新幹線工事」は中止を

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク