宮前区版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

川崎市 猫用名札を無料配布 野良化防ぎ、飼い主意識向上を

社会

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市では、迷い猫対策として首輪に付ける専用のネームホルダーを無料配布している。これは、飼い猫が逃げ出し交通事故に遭ったり、野良化して苦情の対象となったりすることを防ぐため。また、飼い主などを明記してもらうことで飼育管理の意識向上も促したい考えだ。

 猫の飼育等に関して、川崎市が頭を悩ませている課題や問題点は数多い。2016年度に市内の生活環境事業所に寄せられた猫の死体回収依頼は約2200頭で、1日平均6頭。そのほとんどが猫の飛び出しによる交通事故被害という。

 また、猫に対する苦情も後を絶たない。庭や花壇への糞尿被害や子猫の引取り依頼など、その数は2300件に上る。餌やりや飼育管理など飼い主に向けられた内容もあり、「餌が放置されカラスが群がっていて困る」など不衛生を訴える苦情も少なくない。

 一方、飼い主側から寄せられるペットの行方不明届出は、2016年度は400件超。しかし、行方不明になった猫を見つけ出すことは困難で、無事飼い主の元に戻るケースは稀だ。

 市では、こうした被害や苦情・相談を減らすために、今年度から猫の首輪に付ける専用のネームボルダーを作成し配布している。迷い猫となった場合は飼い主に届けることができることに加え、責任を明確にすることで飼育管理への意識向上を図ることが狙いだ。

 市は条例で、猫を屋内で飼うことや所有者を明示することなどを示した「適正飼養のガイドライン」を設けているが、浸透していないのが現状だ。猫は登録義務がなく、その数を把握できていないのも一因とみられる。担当者は「猫ブームもあり、市内で登録されている犬の約6万頭よりも多いと推測している。ネームホルダーを活用してもらい、少しでも状況や環境が改善されることを期待したい」と話している。

 ネームホルダーは、区役所衛生課や動物愛護センターの窓口で配布している他、動物愛護フェアなどのイベントでも配る予定だ。

ネームホルダーには市のロゴも
ネームホルダーには市のロゴも

宮前区版のトップニュース最新6

川崎第54団で増員続く

ボーイスカウト

川崎第54団で増員続く 文化

190人 県内最大の大所帯

1月22日号

市、接種訓練実施へ

新型コロナワクチン

市、接種訓練実施へ 社会

27日 全国自治体で初

1月22日号

防災パーゴラを設置

県立東高根森林公園

防災パーゴラを設置 社会

非常時の避難所として

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

新たなつながり創りを推進

ニューノーマルに対応へ 新春インタビュー

新たなつながり創りを推進 社会

高橋区長 新年の抱負を語る

1月8日号

「防護服」を医療現場へ

なでしこ支援隊

「防護服」を医療現場へ 社会

ポリ袋使い700着超

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク