宮前区版 掲載号:2017年7月28日号 エリアトップへ

向丘中バレー部 古豪復活へ いざ県大会 43年ぶり関東出場めざす

スポーツ

掲載号:2017年7月28日号

  • LINE
  • hatena
市の大会優勝後(右端後ろが渡部監督)
市の大会優勝後(右端後ろが渡部監督)

 市立向丘中学校男子バレーボール部が、あすから開催の県大会で43年ぶりの関東大会出場をめざす。かつて1972年、74年に全国優勝を果たすなど強豪校だったが、その後低迷。しかし3年前に渡部英夫監督(57)が就任すると上昇ムードに転換。古豪復活を狙う。

 向丘中男子バレーボール部は、70年代に2度の全国制覇を果たすも、その後は低迷。全国はおろか川崎市の大会でも1回戦敗退が続いた。そうした中、14年に渡部監督が就任。渡部監督は、西中原中で初めて監督を務めると、同中を強豪校に押し上げ全国に導いたのを皮切りに、その後赴任した野川中、有馬中でも全国大会出場を果たしている。

 「定年までの年齢を考えて最後の指導校」との思い入れをもって就任したが、当初の練習には1人か2人の部員しか顔を出さないという状態だったという。しかし唯一熱心だった当時の主将とともに監督自ら練習の準備を続けたところ、自然に部員が顔を出し自ら準備もするようになった。「もともとやる気はある子が多かったのだと思う。1カ月で変わりました」と同監督。その後「学校生活がきちんとできなければ、バレーもきちんとできない」という方針を徹底。人間として逞しくなると同時に、バレーの成績も向上したという。今年のチームは、市の大会で優勝し、昨年冬の県大会でも優勝。今年6月の県大会は惜しくも準優勝だったが、古豪復活に向け着実にランクアップしている。

 あすから横須賀市で開催される県総合体育大会の上位4校には、関東大会(8月群馬県)の出場権が与えられる。渡部監督は「6月の決勝で負けた南足柄市の岡本中とは、今シーズンここまで3勝3敗なので、勝負をつけたい。関東大会でもくじ運がよければ可能性はある」と、全国も意識する。

 浜田楓主将も「慢心せずに、高みを目指していきたい」と話した。

 県総体に臨むメンバーは以下。背番号順・敬称略。【1】浜田楓(3年)【2】飯田悠豊(3年)【3】手塚裕貴(3年)【4】山田凛玖(2年)【5】井畑晃一(2年)【6】林一青(2年)【7】関凌優(3年)【8】本間翔人(3年)【9】山根伊楓季(3年)【10】河井郁弥(2年)【11】真島聡太(3年)【12】沼倉光希(2年)

宮前区版のトップニュース最新6

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

中高生防災チーム発足

菅生台自治会

中高生防災チーム発足 社会

若い力で高齢化に一手

1月24日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

響け 幼なじみの八重奏

野川中吹奏楽部

響け 幼なじみの八重奏 文化

県金賞、東関東大会に出場

1月17日号

「『ご近助』の取組を大切に」

「『ご近助』の取組を大切に」 社会

高橋区長にインタビュー

1月10日号

宮前区から聖火ランナー

2020東京五輪

宮前区から聖火ランナー スポーツ

県内最高齢の五島さん

1月10日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 政治

福田市長、2020年を語る

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク