宮前区版 掲載号:2017年9月22日号 エリアトップへ

えひめ国体山岳競技 中学生ペア表彰台めざす 有馬中・阿部さん出場

スポーツ

掲載号:2017年9月22日号

  • LINE
  • hatena
練習に励む阿部さん(右)と菅原さん(左)
練習に励む阿部さん(右)と菅原さん(左)

 10月1日から愛媛県で開催される「えひめ国体」の山岳競技(リード、ボルダリング)に、川崎市の女子中学生2人、阿部桃子さん(有馬中3年)と菅原亜弥さん(西中原中3年)が神奈川県代表として出場する。

 阿部・菅原ペアは今年7月に行われた関東ブロック大会で、リード競技で2位、ボルダリング競技で3位となり、総合2位の成績で国体出場権を獲得した。

 国体でのリード競技は、高さ12m以上の人工壁を同チーム2人が同時に登り到達高度を競う。また、ボルダリング競技は高さ5m程の壁に設けられた課題を、2人で制限時間内にいかに多くクリアするかで順位が決まる。2020年東京五輪でクライミングが正式種目に決定したことから注目を集めている競技だ。

ライバル同士、共同練習で汗

 阿部さんと菅原さんは、もともとはライバル同士の2人。住む場所も学校も違い、大会で見かけるくらいの顔見知りだったが、今年5月に行われた県山岳連盟主催の大会を機に交流が始まり、今ではLINEで連絡をとりあう仲に。今回の国体競技は2人の連携も大きなポイントになるとあって、共同練習の回数を増やして汗を流している。「2人で練習することで、それぞれの得意、不得意な部分を確認し、課題をクリアすることで向上できる」。

 阿部さんは「菅原さんは登り方がきれい。考えながら登っていて、登り方に色々な引き出しをもっている」と話すと、菅原さんも「阿部さんはリードでぶれない登り方をして、一手一手が的確。学ぶことが多い」と互いに実力を認めあう。

 国体での目標は表彰台。「お互いの実力を出し切って決勝に残り、表彰台に立ちたい」と口を揃える。高校受験を控え勉学にも忙しい中学3年生の2人だが、今は国体でのメダル獲得に全力を注ぐ。

宮前区版のローカルニュース最新6

いざ佳香のトンネルへ

いざ佳香のトンネルへ 文化

東高根キンモクセイに人出

9月24日号

タイトル戦に闘志

有馬小・中出身 日野選手 ボクシング

タイトル戦に闘志 スポーツ

9月24日号

「結果で川崎に恩返しを」

川崎フロンターレ応援特集

「結果で川崎に恩返しを」 スポーツ

DF 山根視来選手

9月24日号

3カ月、全館休館に

川崎市民プラザ

3カ月、全館休館に 社会

老朽化のため大規模工事

9月24日号

「特別自治市制度」学ぶ

「特別自治市制度」学ぶ 社会

川崎市議会が研修会

9月24日号

新主将に藤井選手

B1バスケ川崎

新主将に藤井選手 スポーツ

スローガンは「MOVE」

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook