宮前区版 掲載号:2017年9月22日号 エリアトップへ

『せいじのみかた』VOL.‌84 高校野球神奈川2校化、全てのスポーツ競技、選手を応援! 神奈川県議会議員 飯田満

掲載号:2017年9月22日号

  • LINE
  • hatena

 ”夏の風物詩”甲子園(全国高等学校野球選手権大会)は、今年第99回大会を終えました。全力でプレーする高校球児達の姿はいつの時代も、多くの人々の心を魅了します。

 その甲子園で今夏、少し異変を感じた方も少なくないと思います。それは、大会本塁打数が過去最高の68本も飛び出したことです。これまでの最高は斎藤佑樹投手(早実)、田中将大投手(駒大苫小牧)を擁した第88回大会の60本。

 なぜ本塁打が急増したのか、「ボールが変わったのか」「打高投低だったのか」など様々な憶測が流れましたが、試合球はこれまでと変わらず、投手はこれまで以上に高いレベルです。

 では本塁打量産の要因は何か。「今では甲子園で140キロ超を投げる投手は多く、そう簡単にヒットを連打することができません。長打力を上げて安打数が少なくても得点に繋げられる戦術が増え、結果、本塁打数が増えたのだと思います」(強豪校監督談)。

 高校野球も時代と共に進化を遂げていることが分かります。

 来夏は第100回記念大会です。県議会「県民・スポーツ委員会」に所属する議員として、高校野球神奈川2校化、そして、頑張っている全てのスポーツ選手、競技を応援して参ります。

飯田みつる

川崎市宮前区菅生1-4-51

TEL:044-978-1128

http://www.iidaman.net

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

子育て世代を全力で応援

市政報告

子育て世代を全力で応援

公明党川崎市議会議員団 山田はるひこ

9月3日号

リモート会議を議会でも!

宮前ガバナンス8月号  連載寄稿

リモート会議を議会でも!

〜地方議会もICTを活用し危機対応〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

8月20日号

東京五輪を成長の起点に

意見広告

東京五輪を成長の起点に

衆議院議員 やまぎわ大志郎

8月13日号

ヤングケアラー支援を要望

一人によりそう。明日へつなぐ 市政報告

ヤングケアラー支援を要望

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

8月6日号

区内交差点の安全対策(犬蔵及び潮見台浄水場前)について

市政報告Vol.36

区内交差点の安全対策(犬蔵及び潮見台浄水場前)について

川崎市議会議員 矢沢たかお

8月6日号

リニア新幹線、安全対策の説明会

市政報告

リニア新幹線、安全対策の説明会

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

7月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook