宮前区版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

JAセレサ川崎 セレサモスに「キティちゃん」 全国初、直売所とコラボ

経済

セレサモスのモスぴー(左)とハローキティ
セレサモスのモスぴー(左)とハローキティ
 JAセレサ川崎の大型農産物直売所「セレサモス」と株式会社サンリオが10月からコラボレーションを実施する。全国初の企画で直売所の販促物などに人気キャラクター「ハローキティ」が登場する。

 地元の生産者が育てた新鮮な野菜が並ぶ大型直売所セレサモス。JAセレサ川崎が運営し、市内に麻生店(麻生区黒川)と宮前店(宮前区宮崎)の2店を構える。

 同JAでは、都市農業振興の拠点としてセレサモスを中心にした農業生産の拡大に取り組んでおり、来客数の増加、出荷者売上の向上を目的に、株式会社サンリオとのコラボレーションを決めたという。同JAの松井浩幸販売統括センター長は「若者、主婦層の新規来店者の拡大などにつながれば」と期待を寄せる。

 今年10月から来年10月まで同店のキャラクター・モスぴーとハローキティのオリジナルデザインが施された商品プレゼントなどを展開。10月19日〜11月30日は商品購入者にグッズプレゼントを企画している。

 株式会社サンリオとしては、ハローキティの直売所とのコラボレーションは初。同社の菊地由希子さんは「セレサモスは川崎育ちの新鮮な野菜をいち早く提供している。キティが応援できるのは嬉しい」と話す。

秋のモスぴー祭りも

 また、セレサモスでは10月20日〜11月19日、「秋のモスぴー祭り」を開催。写真スポットとしてモスぴーとハローキティのパネルが登場する(麻生店のみ、11月2日〜19日)。そのほか野菜苗、花苗、植木の販売(10月20日〜11月19日)、畜産フェア(宮前店11月4日、麻生店11月5日)、駅弁フェア(11月11日、12日)、Aコープフェア(11月13日〜19日)、農業まつりフェア(11月18日、19日)も予定されている。

宮前区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

区役所移転の可能性探る

鷺沼駅周辺再編整備

区役所移転の可能性探る

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

地域の郷土文化を後世へ

映画プロデューサー小倉美惠子さん

地域の郷土文化を後世へ

2月9日号

大賞は「おかしな!?」一皿

みやまえC級グルメ

大賞は「おかしな!?」一皿

2月2日号

介護予防へ三師会連携

医師・歯科医師・薬剤師

介護予防へ三師会連携

2月2日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク