宮前区版 掲載号:2017年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

シリーズ【5】 「よく耳にする”腸内フローラ”って?」 取材協力/小西一男院長に聞く

 ”腸内フローラ”という言葉をご存知だろうか。「聞いたことはあるけど何のことかよくわからない…」という人も多いのでは。今回は、鷺沼駅にある「こにしクリニック」の小西一男院長に腸内フローラや病気との関係などについて聞いた。

 腸内フローラとは、小腸から大腸にかけて生息する腸内細菌で形成される腸内環境のことを指す。数百種100兆個以上あると言われ、「善玉菌」「悪玉菌」、どちらにも属さない「日和見菌」の3つに分類される。

 小西院長は「腸内フローラの理想的な状態は善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割と言われています。このバランスを保つことが、健康維持に繋がる」と話す。

 腸内の悪玉菌が増えすぎると、便秘や下痢などの不調が表れる。また、悪玉菌が優勢になると、免疫力に関係する善玉菌の働きが抑制されてしまうという。

 腸内フローラと大腸がんとの関連性についての報告もあるため、大腸がん予防の観点からも腸内環境を整えておくことが大切だ。

 小西院長は「大腸がんの初期症状には『下痢と便秘を繰り返す』という項目もある。早期発見のためにも、自分は大丈夫と慢心せずに、40歳以上の方は一度内視鏡検査を受けてみてほしい」と話す。

 同院の大腸内視鏡検査は、鎮静剤を使用して緊張を和らげ、腸管を膨らませる際に炭酸ガスを用いることでお腹の張りを軽減する。また、ポリープを100倍近くに拡大観察できる拡大内視鏡や画像強調処理を用いて精度の高い検査を実践している。ポリープが見つかれば同時に日帰り切除も可能。

内科・消化器内科・胃腸内科 こにしクリニック

神奈川県川崎市宮前区鷺沼1-3-13 鷺沼東急アパート1階

TEL:044-888-0015

http://konishi-gastro.jp

宮前区版のピックアップ(PR)最新6件

爽やかな甘味が美味、デコポンが旬

3月上旬迄、数量限定 モッチーのフルーツ王国

爽やかな甘味が美味、デコポンが旬

2月23日号

3月2日 ホーム開幕戦面白さいっぱい等々力劇場

しっかり噛んで認知症予防へ

デンタルIQを高めよう!その64 噛み合せ第9回

しっかり噛んで認知症予防へ

2月23日号

明るさと温もりある安心な暮らし

共同生活で、認知症の進行を穏やかに… グループホーム

明るさと温もりある安心な暮らし

2月23日号

「小児がん」市民公開講座

参加無料申込不要

「小児がん」市民公開講座

2月23日号

好評につき売り切れ御免

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク