宮前区版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

7区の「ママ団体」結集 宮前区2グループが参加

社会

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena
決起会に参加した12団体の代表者ら
決起会に参加した12団体の代表者ら

 川崎市内7区で仕事や趣味を生かし、子育て支援や地域活動を展開する母親らの団体12組が今月8日、「かわさきママのわ」を結成した。区を超えて連携し、イベント等で新たな生活スタイルを提案、実践していく。

 「かわさきママのわ」は、高津区で「ママ起業家」を応援する団体を主宰する中村ふみよさん(麻生区在住)が発起人となり、7区から12団体が参加。8日に市庁舎で決起会を開いた。

 中村さんは「これまで情報が少なく、団体同士が活動を参考にしたりすることができなかった。各団体が素晴らしい活動をしているのに、一般の母親らが知る機会が少ないのがもったいない」と、結成の理由を話す。

 また、中村さんは「各団体のノウハウを生かし、家事や育児だけでなく、起業サポートの提案なども含めた、母親らに新たなライフスタイルを幅広く提案していきたい」と、目標を語る。イベントを開催し、情報を発信していくとしている。

 宮前区からは「mama(ママ)―on(オン)!」と「Me×Mom(ミーマム)」が参加。「mama―on!」の今井しのぶさんは、「活動をより知ってもらう機会が増え、今以上に活発になると思う。会員個々が活躍できる可能性が広がるのでは」と連携に期待を寄せる。

 活動の第1弾として、26日(日)に高津区の玉川・溝口ハウジングステージで、川崎産野菜の販売やワークショップ、フリマなどのイベントを開催。午前10時半〜。入場無料。同団体の詳細はウェブサイト(https://kawasaki-mama.jimdo.com)で。

宮前区版のトップニュース最新6

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

計画策定「見える化」へ

新 市民館・図書館

計画策定「見える化」へ 文化

区民意見を反映

10月11日号

来秋から4年間利用休止

西長沢公園

来秋から4年間利用休止 スポーツ

スポーツ会場不在の危機

10月11日号

狙うはダブル(連覇)とターキー(三連覇)

犬蔵在住木戸修さん

狙うはダブル(連覇)とターキー(三連覇) スポーツ

県ボウリング代表の名将

10月4日号

自主返納 7区で増加

運転免許

自主返納 7区で増加 社会

県市と民間 独自策に注力

10月4日号

値上げ難航、経営影響も

市バス運賃

値上げ難航、経営影響も 社会

市、資金不足19億円の試算

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク