宮前区版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

宮前区出身なでしこ 「年女」さらなる飛躍誓う  サッカー 田中美南選手に聞く

スポーツ

ゴールを喜ぶ田中選手(左)/⒞TOKYO VERDY
ゴールを喜ぶ田中選手(左)/⒞TOKYO VERDY
 2018年、戌年。年女の宮前区出身なでしこリーガー・田中美南選手(23)=日テレ・ベレーザ所属=に注目。昨年は2年連続なでしこリーグ得点王を達成。さらに暮れの代表戦でも2戦連続得点で日本の勝利に貢献した。今年は世界レベルを意識しながら、さらなる高みを目指す。

 田中選手は、一昨年のなでしこリーグで初の得点王に輝き、昨年も2年連続で獲得した。さらに、なでしこリーグベストイレブンにも2年連続で選ばれた。

 また、日本代表でも活躍。12月に日本で開催されたE-1選手権に召集されると、2戦連続でゴールを決め、日本を勝利に導いた。

 「チームのリーグ3連覇や個人タイトル獲得、代表での得点など、試合での結果が付いてきた十分なシーズンだった」と、田中選手は昨年を振り返る。特に自らの得点でリーグ優勝を決めたINAC神戸戦が印象深いという。

 迎えた自身の干支である戌年。「昨年よりもよい年にしたい。3年連続の得点王を納得のいく内容で決め、海外の選手との対戦機会も増やしたい。あとはケガなく」と抱負を語る。

 最期に本紙読者に向け、「この記事を読んでいただき、サッカーを観に来てもらえたらうれしい」と笑顔で話した。

 田中選手は、宮前区在住の小学校時代に川崎ウィングスFCでサッカーを開始。2012年に日テレ・ベレーザの下部組織からトップチームに昇格した。

宮前区版のトップニュース最新6件

地域猫活動に登録制度

川崎市

地域猫活動に登録制度

7月13日号

勇退の監督と甲子園めざす

川崎北高野球部

勇退の監督と甲子園めざす

7月13日号

助成に「所得制限なし」

小児医療入院費

助成に「所得制限なし」

7月6日号

創設10年、初の全国へ

川崎有馬ハンドボールC

創設10年、初の全国へ

7月6日号

特養 申込窓口を一元化

川崎市

特養 申込窓口を一元化

6月29日号

市内実験 普及進まず

自治体ポイント

市内実験 普及進まず

6月29日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ゲリラプロレスも

ゲリラプロレスも

22日にスポーツフェス

7月22日~7月22日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク