宮前区版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

万引防止 地域一体の取組が必要 地元対策協議会呼びかけ

社会

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena
石崎護会長
石崎護会長

 高齢者の検挙数が増加傾向にあるほか、長年にわたり少年非行のワースト1事案になっている万引。書店などが閉店に追い込まれるケースが報告されるなど、問題となっている。

 そうした中、警察署と協力し地元で万引防止に尽力しているのが、神奈川県宮前万引防止対策協議会(石崎護会長)だ。

 同協議会は、定期的に他地区の代表者や警察署と会合をもち、犯行の手口や状況など万引犯罪の現状を学んでいる。また、対策などを検討し、地元店舗オーナーらに向けて報告や防止啓発を促すなどの活動を行っている。

 宮前警察署管内は、2016年のデータで万引の認知件数が102件(前年103件)。市内8警察署管内で4番目に多かった。

 被害では、スーパーマーケットにおける食料品類や、ドラッグストアにおける化粧品類が目立つものの、場所はコンビニエンスストアや一般店舗、品は衣料品類、家電・カメラ・携帯電話・パソコン・ゲーム機、貴金属・宝石・時計など多岐にわたる。

 警察署は対策として、「地域が一体となり、万引をしない、させない、見逃さない店づくりが必要」としているが、一方でまだ同協議会は会員がいないため組織化しておらず、スーパーマーケットなどの店長らも巻き込み、区全体で取り組むことが求められる。  

 石崎会長は、「宮前区から万引きをなくしたい。一番住みよい安心・安全なまちにするために、地域貢献を続けていきたい」と話している。

<PR>

宮前区版のローカルニュース最新6

高橋乃愛さん都制覇

バドミントン

高橋乃愛さん都制覇 スポーツ

11月全国大会「楽しみ、勝つ」

10月22日号

稗原小でロビコン

共用施設でアート展

宮前平グリーンハイツ

共用施設でアート展 社会

住人が出品 交流深め

10月22日号

頭を垂れ輝く稲穂

頭を垂れ輝く稲穂 文化

東高根に収穫の秋

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

新成人代表者、募集

新成人代表者、募集 社会

スピーチ原稿で選考

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook