宮前区版 掲載号:2018年3月2日号
  • googleplus
  • LINE

写真励み、再起誓う フォトコン舞台裏から

文化

 等覚院の咲き誇るつつじと山門の天井に描かれた天女を一枚に収めた作品。この写真を撮った人はどんな人物なのか―。第12回フォトコンテスト(主催/宮前区まちづくり協議会、宮前区)の作品を審査していた時から気になっていた。

 撮影者は古田敏子さん(77)。2月10日のコンテスト表彰式会場に現れた古田さんは、車椅子姿だった。2015年、この作品を撮った後に脳出血に倒れ、いまも半身に麻痺が残っているという。「歩けないがシャッターは切れる」。現在もカメラは肌身離さない。

 「リハビリして絶対に歩いて写真を撮りまくる」。今回受賞した文化協会会長賞が励みになった、と古田さんは再起を誓った。

宮前区版のローカルニュース最新6件

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク