宮前区版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

舌下免疫療法について 取材協力/神奈川ひまわりクリニック

社会

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena

 先月に続き、神奈川ひまわりクリニックの小野龍太院長に話を聞いた。

 小野―スギ花粉の飛散が落ち着いている今の時期から「舌下免疫療法」での治療を開始することができます。アレルギーの原因である物質(アレルゲン)を少量ずつ投与し、徐々に慣らしていく治療法です。当院では治療薬「シダトレン」を処方。少量ですがアレルゲンを投与するためアレルギー反応が起こる恐れなどがあります。

 当院ではまず、採血での検査と医師より説明を行います(予約制)。1週間後、検査結果と治療について医師から説明し、服用量や用法をご理解いただいたうえで初回の投与を行い、院内にて様子を見ます。3回目以降は2〜4週間隔で受診し、徐々に投与量を増やし、体を慣らしていきます。治療には個人差があり、3〜5年程かかります。症状が完全に抑えられない場合でも、症状を和らげたり、抗アレルギー薬の使用量を減らせることが期待できます。

宮前区版のローカルニュース最新6

台風支援 市に112万円

バスケB1・川崎BT

台風支援 市に112万円 スポーツ

4月3日号

新1年生に登校グッズ寄贈

新1年生に登校グッズ寄贈 社会

JAら交通安全願い

4月3日号

市民227人、一時活動休止

英国事前キャンプ

市民227人、一時活動休止 スポーツ

市、五輪延期受け

4月3日号

地元アーティストが共演

地元アーティストが共演 文化

5月、アリーノコンサート

4月3日号

献血に57人が協力

川崎富士見ライオンズクラブ

献血に57人が協力 社会

4月3日号

新1年生に登校グッズ寄贈

新1年生に登校グッズ寄贈 社会

JAら交通安全願い

4月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク