宮前区版 掲載号:2018年6月1日号
  • LINE
  • はてぶ

鷺沼駅前再開発 「区役所移転」一人歩き 初の意見交換、区民に不安

社会

フォーラム会場の様子
フォーラム会場の様子
 鷺沼駅前再開発に関する川崎市主催のフォーラムが先月27日、JAセレサ川崎本店のホールで開かれた。市は宮前区役所、市民館、図書館などの移転の可能性を含め鷺沼駅周辺に導入する「公共機能」について区民の意見を聴きながら検討するとしており、今回は一般市民が参加する初の場。意見交換では、検討の進め方などに対する不満と不安の声が大勢を占めた。

これまでの経緯

 鷺沼駅前再開発は、東急電鉄、JAセレサ川崎、横浜銀行など5地権者による「再開発準備組合」が2017年8月に設立され、準備が進められている。計画区域は鷺沼駅周辺の約1・9ヘクタール。19年度に都市計画決定、21年度に工事着手のスケジュール予定だ。

 この計画に対し、宮前区内の団体から要望書が提出されている。全町内・自治会会連合会は「区役所・市民館・図書館の一部機能の移転」を、鷺沼地区の住民や商店会による再開発推進協議会は「同3施設の移転」を望む声を川崎市に寄せた。

 この地元の動きに宮前区選出の議員団が「検討すべき」と後押し。川崎市が本格的に検討をはじめ、今年2月に「鷺沼駅周辺再編整備に伴う公共機能の検討に関する考え方」を発表した。フォーラムや公募市民によるワークショップの開催、無作為抽出による区民アンケート、区役所を利用する団体などへのヒヤリングなどを実施し、区民の声を聴きながら「区役所・市民館・図書館等の移転可能性を含め、鷺沼駅周辺再編整備に導入する公共機能について検討する」と明らかにした。検討結果は来年3月までにまとめるとしている。

再開発の説明不足

 先月27日に開催されたフォーラムは、一般市民の声を聴く第1回目の取り組み。約200人の区民が参加した。

 意見交換では「移転の是非」が焦点となり、会場は紛糾。「市が区役所などの移転を誘導しているのでは」「時間が限られすぎている」など不安や不満の声が噴出した。

 市は「民間が再開発する鷺沼駅前にどのような公共機能が必要かの検討」と強調するが、説明不足が露見した格好だ。

 フォーラムに参加していた市議の一人は「鷺沼再開発が起点。どういった内容の計画なのか、背景や目的、内容を区民に把握してもらうことからスタートするのが重要だ。市には区民に情報を提供し、しっかり説明してもらいたい」と述べる。

 今後は公募市民によるワークショップが4回、11月に市民参加のフォーラムが予定されている。市区政推進課は「『子どもの声も聴いてほしい』『もっと意見聴取の場を設けてほしい』との声をいただいており、検討したい」と話した。

宮前区版のトップニュース最新6件

区内初、地域のがんサロン

後継ぎ不足、廃業に「待った」

市、商議所など4者

後継ぎ不足、廃業に「待った」

11月9日号

「危険な塀」撤去に新補助金

町名の区またぎ解消へ

野川

町名の区またぎ解消へ

11月2日号

土砂流出で安全対策検討

野川こども文化センター

土砂流出で安全対策検討

10月26日号

女性団員 1年で1.4倍

川崎市消防団

女性団員 1年で1.4倍

10月26日号

聖マリ医大 公開講座受講生募集

聖マリアンナ医科大学専門医らが身近な病気について分かりやすく解説!

http://www.marianna-u.ac.jp/

<PR>

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月9日号

お問い合わせ

外部リンク