宮前区版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

歯列を整えることが歯周病治療の負担軽減に 幼少期の矯正で生涯、大切な歯を守る 宮崎台やすい矯正歯科クリニック

 歳を重ねると虫歯や歯周病など様々な問題が生じる人が多い。治療には時間もお金もかかる。なるべく労力をかけずに治療を進めたいものだ。

 宮崎台やすい矯正歯科クリニックの安井正紀院長は「幼少期の矯正治療が、長い人生で自分の歯を守るために重要な役割を果たしている」と話す。

 患者のライフステージのどこで矯正治療を介入するかは諸説あるが、同院では子どもの顎の成長を利用した矯正を大切にする。20歳までに1度噛合せを完成させるよう治療を進めていく。

 中年期以降は身体の健康不安を感じる人も多い。歯も例外ではなく、歯周病にかかりやすくなる時期だという。「幼少期に歯並びを整えておくと、中年期以降の歯並びのズレはわずかな治療で整えていくことができると考えています」と安井院長。さらに、60歳過ぎると歯周病の悪化や歯列不正によって歯を失う可能性が高まる。

 人生の前半で噛合せを整えておけば、60歳過ぎたときに歯列不正を正すことに大きな労力をかけずにすむ場合が多い。「歯周病の原因にもなる歯列不正を、幼少期に正しておくことが将来的に自分の歯を長く守っていくことに繋がります」と安井院長。

田園都市線 宮崎台やすい矯正歯科クリニック

川崎市宮前区宮崎2の12の1 宮崎台プラザ105

TEL:0120-8772-90

http://www.yasui-kyousei.com/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6件

武蔵小杉・本格派教室の講師フワラーアレンジメント教室

未経験歓迎!資格取得全額サポート

設備工事、メンテナンスなど 水沢

未経験歓迎!資格取得全額サポート

1月18日号

賃貸経営のノウハウ大公開!

ドリアン助川さん招いた講演会

ボランティア説明会

矯正治療や診断技術、デジタル化進む

3次元で口腔内を診る より的確な治療目標設定へ

矯正治療や診断技術、デジタル化進む

1月11日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

過去最多57団体の合唱祭

過去最多57団体の合唱祭

2月2日、3日 多摩市民館

2月2日~2月3日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク