宮前区版 掲載号:2018年6月8日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

痛くないの?どこから入れるの?下剤が辛そう… シリーズ【8】 大腸内視鏡検査、基本のキ 取材協力/こにしクリニック

 大腸がんは年間5万人弱の人が亡くなり、部位別死亡原因の3位、女性は1位。早期発見・治療が重要となるため、40歳過ぎたら大腸内視鏡検査を受けることが大切。そうは言っても大腸内視鏡検査は「辛そう」といったイメージがあり検査になかなか足が向かない人もいる。今回は「こにしクリニック」の小西一男院長に「大腸内視鏡検査の「基本のキ」を聞いた。

 大腸内視鏡検査はまず、腸を空にすることからスタートする。検査前日に下剤を内服。当日、数回に分けて下剤を服用する。「下剤を飲むのが辛いという患者様もいる。状況に応じて量の調整や検査食併用などでなるべく辛くない方法を選択します」と小西院長。

 その後、クリニック内で検査を実施。鎮静剤を使用して緊張を和らげ、炭酸ガスで腸管を膨らませて肛門から内視鏡を挿入する。ぐいぐい押しこむのではなく、25年以上の経験を持つ専門医が腸の形に沿って丁寧に入れていくので痛みも少ない。

 炭酸ガスの使用は検査後お腹の張りを軽減することに有効。検査は15〜20分程度。検査後回復室で60分程度休み、検査結果の説明を受けて終了。

 同院ではポリープを100倍近くに拡大観察できる拡大内視鏡や画像強調機能を使用し、精度の高い検査を実践。ポリープ日帰り切除も可能。

内科・消化器内科・胃腸内科 こにしクリニック

神奈川県川崎市宮前区鷺沼1-3-13 鷺沼東急アパート1階

TEL:044-888-0015

http://konishi-gastro.jp

宮前区版のピックアップ(PR)最新6件

「私立中高一貫校生専門塾だからできる!」

夏期講習申込受付中

「私立中高一貫校生専門塾だからできる!」

6月22日号

「笑顔の子育て」の秘訣

〜健體康心(けんたいこうしん)セミナー〜 参加者募集

「笑顔の子育て」の秘訣

6月22日号

全身運動で健康促進

倉庫スタッフ募集

全身運動で健康促進

6月22日号

注文住宅『完成&構造』見学会

熊本城再建に採用された制震ダンパーも同時公開!

注文住宅『完成&構造』見学会

6月15日号

「プレミアムパスポート」

半額で楽しめる!

「プレミアムパスポート」

6月15日号

「自分の細胞でがんと闘う」

6月28日(木)がん対策講演会(㏌新百合ヶ丘)

「自分の細胞でがんと闘う」

6月15日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク