宮前区版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

痛くないの?どこから入れるの?下剤が辛そう… シリーズ【8】 大腸内視鏡検査、基本のキ 取材協力/こにしクリニック

 大腸がんは年間5万人弱の人が亡くなり、部位別死亡原因の3位、女性は1位。早期発見・治療が重要となるため、40歳過ぎたら大腸内視鏡検査を受けることが大切。そうは言っても大腸内視鏡検査は「辛そう」といったイメージがあり検査になかなか足が向かない人もいる。今回は「こにしクリニック」の小西一男院長に「大腸内視鏡検査の「基本のキ」を聞いた。

 大腸内視鏡検査はまず、腸を空にすることからスタートする。検査前日に下剤を内服。当日、数回に分けて下剤を服用する。「下剤を飲むのが辛いという患者様もいる。状況に応じて量の調整や検査食併用などでなるべく辛くない方法を選択します」と小西院長。

 その後、クリニック内で検査を実施。鎮静剤を使用して緊張を和らげ、炭酸ガスで腸管を膨らませて肛門から内視鏡を挿入する。ぐいぐい押しこむのではなく、25年以上の経験を持つ専門医が腸の形に沿って丁寧に入れていくので痛みも少ない。

 炭酸ガスの使用は検査後お腹の張りを軽減することに有効。検査は15〜20分程度。検査後回復室で60分程度休み、検査結果の説明を受けて終了。

 同院ではポリープを100倍近くに拡大観察できる拡大内視鏡や画像強調機能を使用し、精度の高い検査を実践。ポリープ日帰り切除も可能。

内科・消化器内科・胃腸内科 こにしクリニック

神奈川県川崎市宮前区鷺沼1-3-13 鷺沼東急アパート1階

TEL:044-888-0015

http://konishi-gastro.jp

宮前区版のピックアップ(PR)最新6件

武蔵小杉・本格派教室の講師フワラーアレンジメント教室

未経験歓迎!資格取得全額サポート

設備工事、メンテナンスなど 水沢

未経験歓迎!資格取得全額サポート

1月18日号

賃貸経営のノウハウ大公開!

ドリアン助川さん招いた講演会

ボランティア説明会

矯正治療や診断技術、デジタル化進む

3次元で口腔内を診る より的確な治療目標設定へ

矯正治療や診断技術、デジタル化進む

1月11日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

過去最多57団体の合唱祭

過去最多57団体の合唱祭

2月2日、3日 多摩市民館

2月2日~2月3日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク