宮前区版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • hatena

鷺沼駅前再開発 公共機能「検討の材料不足」 向丘地区連が市議会に陳情

社会

取材に応じる渡邊向丘地区連合自治会長
取材に応じる渡邊向丘地区連合自治会長
 鷺沼駅前の再開発に伴い、川崎市は宮前区役所などの移転の可能性を含め検討を進めている。この件で、向丘地区連合自治会(渡邊浩志会長)が5月29日、川崎市議会に陳情書を提出した。渡邊会長は「是非を判断する材料が不足している。もっと慎重に議論を進めてもらいたい」と訴える。

 「区役所移転に我々は賛成でも反対でもない。検討するための材料が不足したまま議論を進めるべきではない」。町会、自治会45単会で構成される向丘地区連合自治会の渡邊会長は今月2日に取材に応じ、こう訴えた。

 陳情書には「移転のコストと建て替えのコストの比較検討の材料の公表」「学識経験者など専門家による外部の検討を行い市民に判断材料として示すべき」「1年未満という短期間で結論を導くのは時期尚早」などの意見が盛り込まれている。

 五所塚町内会長の高久實さんは「今のままだと後世に禍根を残してしまう。(移転するならば)きちんとした理由がなければ」と話す。

 渡邊会長は「市は『宮前区のミライを考える』と言っているが、現状では『鷺沼ファースト』と聞こえてしまう。本当に宮前区全体のことを考えているのか、理解しにくい」と苦言を呈する。

 陳情は今月4日に開会した市議会の第2回定例会で、常任委員会に付託され、審査される見通し。

宮前区版のローカルニュース最新6件

命に寄り添う担い手 不足

「図書館分館」の設置困難

D・C平がV

ドッヂビー宮前区大会

D・C平がV

12月14日号

「地域福祉に役立てて」

300回記念ロビコン

300回記念ロビコン

12月14日号

課題や取組を共有

課題や取組を共有

12月14日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 10月26日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

教会で癒しのひと時を

教会で癒しのひと時を

23日、クリスマスコンサート

12月23日~12月23日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク