宮前区版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

市政報告Vol.19 実効性を疑問視420本以上の災害時協力体制に関する協定 川崎市議会議員 矢沢たかお

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena

 市議会第2回定例会が27日までの会期で開会中です。定例会では各会派の代表者による「代表質問」が行われますが、今回は代表質問で以前から取り組んでいる「川崎市の災害協定」について、ご報告させていただきます。

 川崎市は、様々な業界、団体、企業と「災害時協力体制に関する協定」を締結しています。協定を締結した団体等は大震災などの有事の際に、川崎市と連携して、様々な支援活動にあたってくれることになっています。最近の例を挙げると、災害時に携帯トイレが不足した場合、川崎市に優先して提供してもらう内容の協定を企業等と締結しています。

 首都を巻き込む大震災が30年以内に70%以上の確率で発生するといわれており、その存在は市にとって非常に有難く、感謝すべきことです。

 このような災害協定の本数は年々増え続けており、平成30年6月1日現在で427本にもなります。古くは昭和50年代からあり、内容も様々です。そこで「果たして実効性を伴う協定となっているのか?」と疑問を感じ調査を実施しました。

 古い協定も多く、当時締結していた団体や企業が存在しなかったり、協定内容が簡素的過ぎて、災害時の具体的な支援内容だけでなく、連絡窓口・手段すら分からない協定もあるなど、締結後の更新作業を実施していないことが明らかになりました。

 災害協定は、公共入札の参加資格にも影響します。427本の協定が災害時に有機的、効果的に機能するよう実効性の見直しを進めていくべきと次のように質しました。

 まず早急に、協定自体の実効性について一つ一つ見直していくべきです。定期的な連絡や訓練等を通じて、都度見直しを図り、より効果的な協定にしていく必要性を提言。さらに、共通の意識を高める取組として、例えば連絡協議会を設置することについての見解を伺いました。

 市は、「昨年9月以降、協定の見直しを含めた実効性確保に向けた取組を各局に依頼してきた。今後においても、以災害時にそれぞれの団体が当該協定で定められた協力事項を迅速かつ円滑に実施できるよう、自覚と実効性を高める為、市主催の訓練等への参加を通じて日頃から顔の見える関係を構築していく」と答弁。

 災害協定の見直しは大きな課題であり、未だ不十分と考えます。協定を締結している団体等との議論を通じて、災害対応能力の向上に寄与できるよう取組んでいきます。

災害対応能力の向上に向け取り組んでいきます
災害対応能力の向上に向け取り組んでいきます

矢沢たかお

TEL:044-976-2727

http://www.yazawa-t.jp/

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市民(あなた)の視点」で市政改革‼ヒーローはあなたの隣に!(消防団編)

令和時代を考える

衆議院議員 やまぎわ大志郎・自民党

令和時代を考える

6月9日 ホテルKSPで国政報告会

5月31日号

区内3駅の駐輪場不足対策

宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

区内3駅の駐輪場不足対策

川崎市議会議員 石田やすひろ

5月24日号

真の「新時代」到来に向け

県議会議員(自民党)持田文男 改元特別県政報告

真の「新時代」到来に向け

企画/持田文男事務所教育や東京五輪、区内開発など語る

5月1日号

子どもの医療費助成所得制限なし、対象年齢拡大へ

市政報告

子どもの医療費助成所得制限なし、対象年齢拡大へ

川崎市議会議員 石川けんじ

5月1日号

地域の声を議会に届ける!

「生活排水対策」と「特養申込窓口一元化」 市政報告Vol.25

地域の声を議会に届ける!

川崎市議会議員 矢沢たかお

4月26日号

経済の再生で税源培養を!

宮前ガバナンス4月号 連載寄稿

経済の再生で税源培養を!

川崎市議会議員 石田やすひろ

4月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

動脈硬化を学ぼう

動脈硬化を学ぼう

嘱託内科医が講師

7月12日~7月12日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク