宮前区版 掲載号:2018年6月29日号
  • LINE
  • はてぶ

自治体ポイント 市内実験 普及進まず 手続き複雑、交換実績17件

経済

 地域振興への一手として国が導入した「自治体ポイント」の実証実験が、市内で昨年11月から行われているが、普及が進んでいない。対象が中原区の商店会1カ所に限定され、その手続きの複雑さからポイント交換実績も17件にとどまっている。

 自治体ポイントとは、国が進めるマイナンバーカード普及施策の一つで、地方自治体ごとに発行するポイント制度。利用促進のために、NTTドコモのdポイントや全日空のマイルなど協力会社14社のポイントを自治体ポイントに変換することで、各社ポイントの有効期限に関わらずマイナンバーカード一つに合算できる。

 川崎市では自治体ポイントを地元商店会の集客につなげようと、昨年11月からモトスミ・ブレーメン通り商店街振興組合(中原区)で使えるポイントカード「ブレカ」ポイントに変換できる実証実験を開始。今年の3月末までに、協力各社から市の自治体ポイントに変換されたのは29件4万3400ポイント。自治体ポイントからブレカポイントへは17件2万8200ポイントの変換にとどまっている。

 自治体ポイント利用には、マイナンバーカード作成に加え「マイキー」というIDの作成登録が必要。証明写真撮影や申請など完了まで手続きが多い。同組合の伊藤博理事長は「ポイント変換やマイナンバーカード発行の手続きが非常に煩雑。普及には、魅力を高めるために、ポイント利用できる場所を増やす必要がある」と指摘する。

 市内の全211商店会のうち、ポイント運用に必要な事務局機能を備えているのは26団体と少ない上、地元商店での本格導入には課題が多い。大型商業施設などでの運用を求める市民や関係者の声もある一方、市の担当者は「地域振興の本来の趣旨に反する」として今後の運用へ明言はせず、「今年11月に終了する予定の実験結果を踏まえて、関係機関と連携していきたい」との方針を示した。

宮前区版のトップニュース最新6件

区内初、地域のがんサロン

後継ぎ不足、廃業に「待った」

市、商議所など4者

後継ぎ不足、廃業に「待った」

11月9日号

「危険な塀」撤去に新補助金

町名の区またぎ解消へ

野川

町名の区またぎ解消へ

11月2日号

土砂流出で安全対策検討

野川こども文化センター

土砂流出で安全対策検討

10月26日号

女性団員 1年で1.4倍

川崎市消防団

女性団員 1年で1.4倍

10月26日号

聖マリ医大 公開講座受講生募集

聖マリアンナ医科大学専門医らが身近な病気について分かりやすく解説!

http://www.marianna-u.ac.jp/

<PR>

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月9日号

お問い合わせ

外部リンク