宮前区版 掲載号:2018年7月6日号 エリアトップへ

川崎鷺沼ロータリークラブの第41代会長に就任した 川原 俊明さん 鷺沼在住 46歳

掲載号:2018年7月6日号

  • LINE
  • hatena

旺盛な好奇心でかじ取り

 ○…7月1日付けで川崎鷺沼ロータリークラブの第41代会長に就任した。入会4年目で、しかもクラブ創設40周年という大きな節目での抜擢に「とにかく驚いた」と正直な気持ちを吐露。が、すぐに「1年目からクラブを代表して地区の委員会に出席させてもらってきたことで、大きな視野でロータリークラブを理解することができた。自分なりに思い切ったことをやりたい」と、重責を前にもどこか楽しそうだ。

 ○…仕事を通して知人の勧めで入会した。どのような団体かは多少の知識はあった。生命保険会社の個人事業主として仕事も軌道に乗ってきた手ごたえもあり、地元に対して貢献したいという気持ちが芽生えていたことが入会を後押しした。「ロータリーの魅力は、様々な業種の人たちとの交流や親睦。勉強になり、また奉仕や青少年育成などの活動に取組む姿は尊敬できる」と、しみじみ。

 ○…長崎で生まれ、大学進学で上京。当初は恩師に憧れ中学の国語教師を目指し、実は地元の大学の教育学部に合格していた。しかし滑り止めで受けた東京の大学の全く違う学部に進学。「『東京』のもつ魅力に負けました」とお茶目な表情。卒業後は商社に就職し順調に経験を積んだが、たまたま話があった全く異業種の生保会社に転職。「個人で勝負してみたかった。すっぱり決めた」と笑う。だいぶ好奇心が旺盛のようだ。「とてもいいまち」と宮前区には商社時代から住み、現在は夫人、長女、義母と4人暮らし。

 ○…今年度のテーマは『原点回帰』。これまで13あったクラブ内の委員会を規定最低限の5つに減らした。「会員も減っている中、身の丈に合わせロータリーの基本部分を的確に機能させることが大事」といきなりの断行。迷わず航路を進むべく川原丸が船出した。

宮前区版の人物風土記最新6

佐藤 裕介さん

創立40周年を迎える有馬フレンズ総監督で記念式典実行委員長を務めた

佐藤 裕介さん

鷺沼在住 37歳

2月14日号

小谷田(こやた) 實さん

宮前区民生委員児童委員協議会の会長に就任した

小谷田(こやた) 實さん

宮崎在住 71歳

2月7日号

成田 真由美さん

パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

成田 真由美さん

多摩区在住 49歳

1月31日号

松平 晃さん

阪神・淡路大震災の日に、神戸市でトランペットを20年にわたり演奏する

松平 晃さん

市内在住 77歳

1月24日号

藤田 道宣さん

車いすフェンシング選手で、東京2020パラリンピック出場を目指す

藤田 道宣さん

菅生在住 33歳

1月17日号

勢津 智佳さん

川崎青年会議所(JC)の理事長に就任した

勢津 智佳さん

幸区在住 39歳

1月10日号

草壁 悟朗さん

11月1日付で、川崎商工会議所の会頭に就任した

草壁 悟朗さん

幸区在住 66歳

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク