宮前区版 掲載号:2018年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

子どもたちと「明日も」奏でて SHISHAMO、寺子屋で音楽教室

教育

 子どもの頃から楽器に親しんで、音楽に興味を持ってほしい――。そんなメッセージを込めた体験教室が「地元の先輩」によって行われた。7月に等々力陸上競技場で単独ライブを行う川崎市出身のロックバンド「SHISHAMO(シシャモ)」が6月23日、宮内小学校(中原区)の寺子屋事業に先生として登場。参加した小学生34人と代表曲の一つ「明日も」を合奏した=写真。

 メンバーのギター・ボーカル宮崎朝子さん(23)、ドラム吉川美冴貴さん(23)、ベース松岡彩さん(22)の3人は、音楽や楽器を始めたのが小学生時代だったことなどを話した後、課題曲となる「明日も」を生演奏。この曲は宮崎さんがJリーグの川崎フロンターレ戦を観戦した際に、サポーターの応援に感動して制作された楽曲で、ミュージックビデオは等々力陸上競技場で撮影された、川崎に縁のある曲だ。

 この日のためにメンバーが用意した名札とアレンジした楽譜を子どもたちに手渡し、鍵盤ハーモニカのアルトとソプラノ、打楽器の3パートに分かれて練習。メンバーにリードされ複雑なリズムやメロディに挑戦し、ほめられてはにかむ子もいた。参加した矢石琴乃さん(小6)と母親は「優しく教えてくれて嬉しかった」「学校でこういう機会を作ってもらえていい体験ができた」と話した。

 宮崎さんは「みんなが自分の作った曲を演奏してくれて感動した。川崎だから意味がある。自分たちもバンドで新曲を演奏するとき、それぞれで練習してきて3人で合わせる楽しさが一番大きい。みんなにも楽しさが伝われば嬉しい」と話した。

 SHISHAMOは2010年、市立川崎総合科学高校(幸区)で結成され、13年にデビュー。昨年末には、第68回NHK紅白歌合戦に初出場を果たした。

子どもたちに教える宮崎さん(右)
子どもたちに教える宮崎さん(右)

宮前区版のローカルニュース最新6件

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク