宮前区版 掲載号:2018年7月20日号
  • LINE
  • はてぶ

野川神明社 悪疫を払う天王祭 氏子ら集い挙行

文化

玉串を捧げる氏子ら
玉串を捧げる氏子ら
 野川神明社で12日、夏の祭典「天王祭」が執り行われた。

 「天王祭」は悪疫よけの神とされる牛頭天王の夏の祭り。陰暦の6月15日を中心に行われている。

 当日は、氏子らが参集。厳かな雰囲気の中、儀式が行われた。

 野川神明社は、創建年代は不詳ながら、縄文時代から定住が確認できている地域のため、古くの創始が考えられている。江戸期には韋駄天社と称していたが、明治期になり、神明社となった。

 天照皇大神と韋駄天尊神が主祭神で、特に韋駄天を尊神として神職が常勤している神社は全国でもめずらしいという。

宮前区版のローカルニュース最新6件

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク