宮前区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

地域住民主体 毎月12日「宮崎台駅の日」 新たなまちづくり始動

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
このノボリが目印
このノボリが目印

 東急田園都市線「宮崎台駅」周辺で新たなまちづくり活動が7月に始動した。その名は「DT12プロジェクト」。同駅周辺で春に開かれている「ふる里さくら祭り」の関係者が地域の魅力を引き出そうと、イベントを企画している。

 地域住民が主体の祭りで区内最大級の規模を誇る宮崎台の「ふる里さくら祭り」。地域コミュニティの醸成の重要な役割を担っている。「DT12プロジェクト」が目指すのは「さくら祭り」の向上。単発のお祭り活動ではなく、年間を通して、地域の賑わいを創出していきたい考えだ。

 活動の中心人物で、さくら坂スタジオの管理人を務める奥津茂樹さんは「新しい町内会、オシャレな町内会、エリアマネジメントのようなイメージ。駅や公園など公共スペースを中心に地域をつなげていきたい」と話す。

 本格始動は来年4月だが、準備期間として当面毎月12日を「宮崎台駅の日」としてイベントを実施する。7月は地元飲食店で使用できるクーポンを配布した。8月もクーポン配布を予定しておりWEB(http://dt12.jp)で情報発信している。

7月に配布したクーポン
7月に配布したクーポン

宮前区版のトップニュース最新6

さくら坂商店街が誕生

宮崎台

さくら坂商店街が誕生 社会

20店舗・団体でスタート

5月22日号

巻き込み広げる支援の輪

【Web限定記事】ビヨンドザリーフ

巻き込み広げる支援の輪 社会

シニア手編みマスクで寄付

5月22日号

4世代でCD作り

野川在住福本さん

4世代でCD作り 文化

音楽一家、動画配信も

5月15日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 社会

代替案急務も現場頼み

5月15日号

「子フェスタ」ウェブ開催に

「子フェスタ」ウェブ開催に 教育

公開中、イベント自粛受け

5月1日号

馬絹交差点にポスト新設

宮前郵便局

馬絹交差点にポスト新設 社会

住民要望で5年越し実現

5月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月23日19:33更新

  • 5月21日10:18更新

  • 5月16日10:27更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク