宮前区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

地域住民主体 毎月12日「宮崎台駅の日」 新たなまちづくり始動

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
このノボリが目印
このノボリが目印

 東急田園都市線「宮崎台駅」周辺で新たなまちづくり活動が7月に始動した。その名は「DT12プロジェクト」。同駅周辺で春に開かれている「ふる里さくら祭り」の関係者が地域の魅力を引き出そうと、イベントを企画している。

 地域住民が主体の祭りで区内最大級の規模を誇る宮崎台の「ふる里さくら祭り」。地域コミュニティの醸成の重要な役割を担っている。「DT12プロジェクト」が目指すのは「さくら祭り」の向上。単発のお祭り活動ではなく、年間を通して、地域の賑わいを創出していきたい考えだ。

 活動の中心人物で、さくら坂スタジオの管理人を務める奥津茂樹さんは「新しい町内会、オシャレな町内会、エリアマネジメントのようなイメージ。駅や公園など公共スペースを中心に地域をつなげていきたい」と話す。

 本格始動は来年4月だが、準備期間として当面毎月12日を「宮崎台駅の日」としてイベントを実施する。7月は地元飲食店で使用できるクーポンを配布した。8月もクーポン配布を予定しておりWEB(http://dt12.jp)で情報発信している。

7月に配布したクーポン
7月に配布したクーポン

宮前区版のトップニュース最新6

水没品 市費修復へ

川崎市市民 ミュージアム

水没品 市費修復へ 文化

9万点は保険補償外

11月8日号

女子プロ野球に入団内定

目指すは年間王者

北高ダンス部

目指すは年間王者 スポーツ

選抜大会で強豪と対決

11月1日号

自閉症の絵描き、NY(ニューヨーク)へ

宮前平在住佐藤楽音(がくと)さん

自閉症の絵描き、NY(ニューヨーク)へ 文化

個展開催に向け、支援募集

11月1日号

大型スーパー来春開店

宮崎台

大型スーパー来春開店 社会

家具店跡地は学生寮に

10月25日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク