宮前区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

かかりつけ薬局・薬剤師で安全な服薬を 区薬剤師会会長 伊藤啓氏

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena

医薬品は、治療上期待される以外の効果が現れることを副作用と言います。適正使用していれば副作用の確率は低くなります。そのリスクを減らすために薬剤師は仕事をしています。

 例えば湿布の中の一部は光線過敏症を引き起こしてひどいかぶれの副作用が報告されており、場合により治療に一ヶ月以上を要することもあります。薬剤師は使用状況に応じて相談を受けたり、日光を避けるよう指導します。しかしネットオークション等では有資格者以外の販売・授与が法律で禁じられている薬剤が散見され、使用によっては危険な向精神薬まで取引されている事があるそうです。

 用法や用量、飲み合わせなど薬を使う際、不安に感じることは多々あると思いますが、一歩間違うと大きな副作用のリスクを伴う場合もあります。薬を安全に使用するために普段から相談できる、かかりつけ薬局・薬剤師を持っていると安心に繋がります。

 当会では不適切な使用を減らし、区民のために適正使用に繋げるよう活動を行っています。
 

宮前区版のローカルニュース最新6

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月18日号

区内人的被害はゼロ

台風19号

区内人的被害はゼロ 社会

避難は480人

10月18日号

小松亮太さんら出演

タウンニュース社主催

小松亮太さんら出演 文化

タンゴスペシャルコンサート

10月18日号

「インフルエンザ」最新情報

「インフルエンザ」最新情報 社会

10月29日 (火) 桜木町で講演会

10月18日号

台風ごみに対応

台風ごみに対応 社会

宮前生活環境事業所で

10月18日号

在宅介護を知る

絵本に親しむ

絵本に親しむ 文化

19日まで、アリーノで

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク