宮前区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

かかりつけ薬局・薬剤師で安全な服薬を 区薬剤師会会長 伊藤啓氏

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena

医薬品は、治療上期待される以外の効果が現れることを副作用と言います。適正使用していれば副作用の確率は低くなります。そのリスクを減らすために薬剤師は仕事をしています。

 例えば湿布の中の一部は光線過敏症を引き起こしてひどいかぶれの副作用が報告されており、場合により治療に一ヶ月以上を要することもあります。薬剤師は使用状況に応じて相談を受けたり、日光を避けるよう指導します。しかしネットオークション等では有資格者以外の販売・授与が法律で禁じられている薬剤が散見され、使用によっては危険な向精神薬まで取引されている事があるそうです。

 用法や用量、飲み合わせなど薬を使う際、不安に感じることは多々あると思いますが、一歩間違うと大きな副作用のリスクを伴う場合もあります。薬を安全に使用するために普段から相談できる、かかりつけ薬局・薬剤師を持っていると安心に繋がります。

 当会では不適切な使用を減らし、区民のために適正使用に繋げるよう活動を行っています。
 

宮前区版のローカルニュース最新6

コロナの便乗詐欺に用心

神奈川県警

コロナの便乗詐欺に用心 社会

動画で注意呼びかけ

5月29日号

保育士が選ぶ絵本貸し出し

保育士が選ぶ絵本貸し出し 教育

手作りおもちゃキットも

5月29日号

「虐待かも」は189(いちはやく)番へ

「虐待かも」は189(いちはやく)番へ 社会

虐待やDVの相談窓口

5月29日号

家庭ごみ、南北縦断

【Web限定記事】

家庭ごみ、南北縦断 社会

巣ごもりで5〜20%増

5月29日号

著名人らが動画でエール

【Web限定記事】川崎の子どもたちへ

著名人らが動画でエール 教育

5月29日号

昇降機の総合サプライヤーに

宮前区「社長列伝」VOL・1

昇降機の総合サプライヤーに 経済

シティーリフトかわさき(株) 代表取締役 高田秀行さん(58)

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日18:48更新

  • 5月23日19:33更新

  • 5月21日10:18更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク