宮前区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

(PR)

内科 生活習慣病は自覚症状が出にくい?

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
横田雅史院長
横田雅史院長

生活習慣病とは、食生活や運動習慣のほか、休養不足、喫煙、飲酒、ストレス等の生活習慣で引き起こされる病気の総称です。

 具体例として糖尿病や高血圧、高脂血症、肥満、肝臓病が挙げられます。これらはいずれも血管の老化(=動脈硬化)を促進し心筋梗塞、脳卒中、腎不全、肝不全等を引き起こします。糖尿病や高血圧、高脂血症等自体は進行しないと自覚症状が出にくいため、定期的な健診をして早期に発見することが重要です。

 特に糖尿病は厚労省の調査で国内患者数が約1千万人以上いると推定され、その数は増加しています。血糖自体は体のエネルギー源ですが、必要以上に高いと、活性酸素などの有害物質が多くなり、体の組織、特に全身の血管を傷めるなど恐ろしいことになります。

 また、いびき・睡眠時無呼吸症候群も広い意味での生活習慣病に含まれると考えます。無呼吸は更に高血圧の発症、増悪や糖尿病・腎臓病を悪化させる悪循環を招くため、早期の診断、積極的な治療が必要となります。

田園都市クリニック

川崎市宮前区鷺沼1-22-7 1階

TEL:044-888-9899

http://www.denentoshi-clinic.com

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

補聴器のプロに聞こう

64年の安心・パナソニック

補聴器のプロに聞こう

5月24日(火) 宮前市民館4階会議室で

5月20日号

デジタル活用の重要性【2】

デジタル活用の重要性【2】

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

5月20日号

お店のCM作りませんか

お店のCM作りませんか

動画・楽曲制作、編集もOK

5月13日号

血圧の薬、一生やめられないの?

患者の悩みごと相談室「教えて!きへい先生」【1】

血圧の薬、一生やめられないの?

5月13日号

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

補聴器相談・花粉症・睡眠時無呼吸症候群(SAS)など幅広く対応

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

東有馬『菅野耳鼻咽喉科』

5月13日号

見せない補聴器

認定補聴器専門店

見せない補聴器

営業は安心の完全予約制貸出フェアも開催中!

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook