宮前区版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • はてぶ

バスケB1サンダース 伝統の赤で3季目へ 新ユニ発表会に500人

スポーツ

ファンと記念撮影をする、新ユニホーム姿の藤井選手(左から2人目)ら
ファンと記念撮影をする、新ユニホーム姿の藤井選手(左から2人目)ら
 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の川崎ブレイブサンダースは先月29日、今季の新ユニホームを公表。ファンクラブ会員約500人を招き、クラブチッタ(川崎区)で発表会を開いた。クラブ創設以来68年の歴史を持つ、伝統の赤「ブレイブレッド」が引き継がれている。

 7月から、クラブ運営権が東芝からディー・エヌ・エー(DeNA)に承継され、新体制でBリーグ3季目に臨む同クラブ。10月のシーズン開幕に先駆けた発表会では、藤井祐眞選手と青木保憲選手がホーム用の赤(えんじ色)、林翔太郎選手とジュフ・バンバ選手はアウェー用の白を基調にした新ユニホームを着用して登場した。

 今回のデザインでは勝利を表す金色が加わり、胸には稲妻をイメージした新しいクラブロゴと、メインスポンサーの東芝の企業ロゴが表示されている。藤井選手は「東芝時代から続く68年の歴史とプライドに自覚を持って戦いたい」と決意を固めた。千葉県から圭祐君(11)、凜さん(7)と訪れた母親の新垣由紀子さんは「川崎は藤井選手をはじめ、熱いプレーの選手が多い。今季も3人で本拠地とどろきに行って応援したい」と語った。

黒岩知事を訪問

 同クラブ運営会社の元沢伸夫社長、北卓也ヘッドコーチと長谷川技(たくみ)選手は翌日30日、クラブとして初めて黒岩祐治県知事を表敬訪問=写真。黒岩知事は「プロバスケの力を県民の皆さんのスポーツ振興につなげられれば」と期待感を示した。

宮前区版のローカルニュース最新6件

歓喜のリーグ2連覇

川崎F

歓喜のリーグ2連覇

11月16日号

宮前で初のゴング

宮前で初のゴング

11月16日号

人命救助の2人に感謝状

宮前消防署

人命救助の2人に感謝状

11月16日号

10回記念の花ノ停留祭

楽器の魅力 音色楽しんで

フルート奏者岡村考二さん

楽器の魅力 音色楽しんで

11月16日号

フォトコン作品を募集

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク