宮前区版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • hatena

JOC対抗中学バレー 県代表に向丘中3選手 43年ぶり全国出場を評価

スポーツ

左から沼倉選手、山田選手、林選手
左から沼倉選手、山田選手、林選手
 今年12月25日から28日まで大阪市で開催される『JOCジュニアオリンピックカップ第32回全国都道府県対抗中学バレーボール大会』の神奈川代表チームの選手が、このほど発表された。

 男子代表の12人に、この夏関東大会を制して43年ぶりに全国大会に出場し、決勝トーナメントに進んだ向丘中バレーボール部から、3選手が選ばれた。

 選出されたのは、主将を務めた山田凜玖選手、林一青選手、沼倉光希選手(いずれも3年)。他の代表選手は各校一人ずつで、全国出場が評価された形だ。

 3選手はそれぞれ「僕たちには自覚と責任があるので、一戦一戦集中して試合に臨み、みんなで明るく元気良く声を掛け合い、自分たちで盛り上がっていくようなチームワークを発揮したいと思います」(山田選手)、「セッターとして選んでいただいたので、拾ってくれた仲間の気持ちを、チームの得点につながるように、自分の力を尽くしたいと思います。もう一度、全国の舞台で戦う機会を与えていただいたので、力を出しきり、バレーボールを楽しみたいと思います。」(林選手)、「身長が低い分、レシーブを落とさないように頑張ります」(沼倉選手)とコメント。現在週末を中心に代表練習を続けている。

 また、10月7日には川崎市立橘高校体育館で、県選抜チームとの壮行試合が組まれている(入場無料)。

 県選抜チームには、同じく向丘中から井畑晃一選手(3年)と松村大輝選手(3年)が、宮前平中から臼井慶選手(3年)が選ばれている。

宮前区版のローカルニュース最新6件

救急出動 10年連続増加

川崎市

救急出動 10年連続増加

1月18日号

「ラグビーW杯を楽しもう」

特別インタビュー

「ラグビーW杯を楽しもう」

1月18日号

158人が新年祝う

158人が新年祝う

1月18日号

無事帰国願う

無事帰国願う

1月18日号

「改革元年として取り組む」

子育てのイライラ

上手につきあおう

子育てのイライラ

1月18日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

過去最多57団体の合唱祭

過去最多57団体の合唱祭

2月2日、3日 多摩市民館

2月2日~2月3日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク