宮前区版 掲載号:2018年9月28日号 エリアトップへ

宮前警察署 交通安全を呼び掛け 講話や啓発活動を実施

社会

掲載号:2018年9月28日号

  • LINE
  • hatena
クイズ形式で交通安全を学んだ(上)、雨の中呼びかける参加者ら
クイズ形式で交通安全を学んだ(上)、雨の中呼びかける参加者ら

 秋の交通安全運動に合わせて、安全安心なまちづくりに向けた取組が区内で実施された。

 20日には「みやまえ安心安全の集い〜交通事故・詐欺撲滅・火災予防〜」が市民館で開かれ、地域住民らが参加した。

 県警の交通安全教育隊による交通安全教室やアマチュア落語家の田代沙織さんによる詐欺に遭わないための防犯落語、宮前消防署職員の防火講話などが行われた。

 交通安全教室では、聴力、歩行能力、視覚の3つの身体のチェックを体験。「後ろからの音は聞きづらい、暗い場所では青い服より赤い服の方が見やすい」など普段から気をつけるべきポイントを分かりやすく解説。参加者らは熱心に耳を傾けていた。

 翌21日には、宮前区交通安全対策協議会の呼びかけで、鷺沼駅前で啓発活動を実施した。宮前交通安全協会会長が水戸黄門に扮して交通安全を呼び掛ける「宮前関所」を実施予定だったが、雨天のため中止。宮前警察署、区役所、交通安全母の会など関係団体から20人程が集まり啓発チラシ等を配った。

 区内の交通事故発生件数は9月20日現在で375件。昨年件数が急増していたこともあり、同期比は50件減。高齢者の事故は減少傾向にあるものの、子ども関係の事故が50件(昨年同期比7件増)と増加している。同署では「幹線道路以外での事故が全体の4割を占める。交差点での左右の安全確認不足で、出会いがしらの事故や右左折時の事故が多い」と話している。

宮前区版のローカルニュース最新6

消防出初式で決意新た

消防出初式で決意新た 社会

規模縮小、表彰と動画

1月14日号

プラ循環「成功させる」

プラ循環「成功させる」 社会

福田市長が新年の辞

1月14日号

看護職の将来設計考える

看護職の将来設計考える 社会

市協会、2月に座談会

1月14日号

新体制が始動

川崎青年会議所

新体制が始動 経済

1月14日号

気軽に体験、文化講座

気軽に体験、文化講座 文化

市民館で2月開講

1月14日号

加藤登紀子コンサート

【web限定記事】

加藤登紀子コンサート 文化

タウンニュースホール

1月14日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook