宮前区版 掲載号:2018年11月16日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス11月号 連載寄稿 横浜市の都市農業施策(地産地消)を一考察〜「横浜農場」としてブランド化〜 川崎市議会議員 石田やすひろ

掲載号:2018年11月16日号

  • LINE
  • hatena

 「川崎の都市農業を推進する会」(会長石田康博)では、横浜市の地産地消の取組みを調査するため、横浜市役所へ視察に行きました。横浜市の農地面積は、2952ヘクタールで、市域面積の7%あります。農家戸数は3451戸、農業就業人口は4482人です。平成28年市町村別農業産出額神奈川県内比較によると、横浜市(138億4千万円)は1位を誇ります。都市化が進んでいく中でも、農業が息づいている街です。参考までに、川崎市は県内8位となっています。本市と同様に農地と住宅地が混在しています。課題は、横浜市内で農業をやっている事を知らない市民もあり、広報を充実させて知って頂くことが重要だと担当者は話します。

 横浜市の地産地消の取組みは、平成17年度から本格的にスタートしました。市民と農との地産地消連携事業を創設し、その後「横浜市の都市農業における地産地消の推進等に関する条例」(平成27年4月1日)、いわゆる「地産地消条例」を議員提案で策定しています。

 条例には、横浜市ならではの特徴があります。第11条に、「市内農畜産物のブランド化」を定めています。身近に農が存在する横浜を農場に見立て「横浜農場」をキャッチフレーズとして、多彩なマークを作成しながらPRしています。

 また、第13条に「6次産業化の推進」を定めています。多様な産業とコラボし、相乗効果によって活性化を図ろうとする取組みです。具体的に、企業による市内産農畜産物を使った新商品の開発や、マルシェの開催に協力をしています。

 横浜市と川崎市は隣接しており、都市の抱える課題も共通する点があります。地産地消条例の策定効果は、はっきりと目に映らなくても、施策の推進に貢献していることを実感しました。引き続き、都市農業の推進に向けて、隣市の施策を参考にしながら、本市における議員立法も含めて研究してまいります。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹6-24-26

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!市緊急経済対策(第5弾2300億円)!

民間環境技術と連携し資源循環を

一人によりそう。明日へつなぐ   市政報告

民間環境技術と連携し資源循環を

公明党 川崎市議会議員 田村しんいちろう

11月27日号

ちょっと気になる、ふるさと納税!

宮前ガバナンス11月号 連載寄稿

ちょっと気になる、ふるさと納税!

〜全国へ届け、川崎の名産品〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

11月20日号

台風19号教訓に最大限の対策を

県政報告

台風19号教訓に最大限の対策を

県議会議員(自民党)持田文男

10月30日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!決算審査と犯罪被害者等支援条例

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

意見広告

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

 立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月27日号

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク