宮前区版 掲載号:2018年11月23日号 エリアトップへ

『せいじのみかた』VOL.‌98 砂漠に落としたコンタクトを探すようなもの 神奈川県議会議員 飯田満

掲載号:2018年11月23日号

  • LINE
  • hatena

 県議会では決算特別委員会が開かれ、議論が繰り広げられました。

〈飯田〉政府も閣議決定してまでPCB廃棄物の処理を自治体に促している。その根拠に対する県の認識は。

〈環境農政局〉カネミ油症事件の原因物質で、人の健康や生活環境への被害を生ずる恐れがある。地球規模の環境問題として法の期限内処理をめざしている。

〈飯田〉民間が保有するPCBも平成35年3月末までに完全処理が必須だ。県内どこに幾つPCBが存在するか分からないだけに、砂漠に落としたコンタクトレンズを探すようなもの。どのように根絶を図るのか。

〈環境農政局〉変圧器等の電気設備設置者約1万4000事業者にアンケートを実施した。未達事業者の存在確認、掘り起こし調査を確実に実施していく。

〈飯田〉中小企業にはPCB処理に7割の補助制度がある。その原資は国と都道府県で560億円を基金に積上げる。その原資で約18億円もの運用益を出しているが、それは有効に使われるべきだが県の考えは。

〈環境農政局〉原資は税金だけに目的どおりに使われるべきと考えている。

PCBとは?

ポリ塩化ビフェニルの略称。絶縁性・不燃性が高く幅広い用途に使用されてきた。国内最大の食品公害事件として昭和43年カネミ油症が発生。その原因物質。

決算特別委で論戦
決算特別委で論戦

飯田みつる

川崎市宮前区菅生1-4-51

TEL:044-978-1128

http://www.iidaman.net

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!資源集団回収と税金の関係!

「GIGAスクール構想」で未来に翔け2

宮前ガバナンス6月号 連載寄稿

「GIGAスクール構想」で未来に翔け2

〜情報化社会を乗り越える力を〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

6月19日号

川崎じもと応援券を有効に活用しよう!

宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

川崎じもと応援券を有効に活用しよう!

〜新型コロナに対する中小企業支援策〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

5月15日号

子どもの権利守るコロナ対策を

子どもの権利守るコロナ対策を

川崎市議会議員 石川けんじ

5月1日号

「GIGAスクール構想」で未来に翔け!

宮前ガバナンス4月号 連載寄稿

「GIGAスクール構想」で未来に翔け!

〜情報化社会を乗り越える力を〜 川崎市議会議員 石田 やすひろ

4月17日号

新型コロナ、拡大防止に全力

県政報告

新型コロナ、拡大防止に全力

県議会議員(自民党)持田文男

4月10日号

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク