宮前区版 掲載号:2018年12月7日号 エリアトップへ

住民自治推進へ新施策 市素案に「抽象的」の声も

社会

掲載号:2018年12月7日号

  • LINE
  • hatena

 今後の住民自治の新たな仕組みを検討してきた川崎市が、11月15日に素案を発表した。「市民創発による市民自治」などを掲げるが、市議会からは「抽象的」との指摘もある。市は「小さな取り組みを重ね、市民と新しい自治の形をつくりあげていきたい」としている。

 素案は、区民会議などこれまでの自治施策の再検討や各区で開かれた住民検討会の意見などを踏まえて策定された。課題には住民の担い手不足や高齢化、他の会議との重複感などがあがっていた。

 そこで市は、新たな施策では区民の一部ではなく、住民一人ひとりが地域の活性化や課題解決に取り組み、その支援や解決に行政などが協力する仕組みをめざす。そして、その取り組みの活性化や着実な支援のために「地域」「区域」「市域」の3層制を想定。例えば、「地元を盛り上げる祭りをしたい」という地域の取り組みに「区域」の行政やNPOが他団体や専門家を紹介するなどし、さらなる助成や支援が必要であれば「市域」の組織につなげる考えだ。

 また、行政自体のあり方にも言及。助成金に力点を置く支援の見直しや、縦割り行政の解消、職員が地域に入り、一緒に解決策を探る新たな自治体像の構築を計画する。

市「分かりづらさ」認識

 市民参加と協働による地域課題解決の「新しい発想」として素案を発表した川崎市。しかし、その中には「市民創発による市民自治」「多様な主体の連携」など抽象的な表現も多く、ある市議は「市の描く将来像が分かりづらく、市民と共有できるのか疑問。形として見えづらいだけに進捗をどうチェックしていくのか」と指摘する。また、区民会議の元メンバーは「市民が行政に提案、提言できる仕組みは維持されるのか」と不安視する。

 市の担当者は現段階での形の見えづらさを認めつつ、「説明会や広報で丁寧な説明を重ね、浸透を図りたい。実効性については小さな取り組みを積み重ねながら市民と一緒に形をつくり、まずは10年後の2028年を目標年度としたい」とする。また、市民が区政に提言、参加できる仕組みも盛り込んでいきたいとする。

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

「アーカイブ展」スタート

自動車文庫特別企画

「アーカイブ展」スタート 文化

4カ所で区の歴史共有

7月1日号

個人大賞に吉永さん

花と緑のコンクール

個人大賞に吉永さん 社会

庭提供、地域交流の場に

7月1日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 経済

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

宮前と都筑で新19区

衆院区割り案

宮前と都筑で新19区 政治

市長「市の一体性欠く」

6月24日号

宮前に芋苗500株

山形在住本木さん

宮前に芋苗500株 文化

出稼ぎの地へ、交流に期待

6月17日号

こすもす企画を始動

市民団体

こすもす企画を始動 社会

区の花、各地で「種まき」

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook