宮前区版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

市政報告Vol.23 財政課題解決に向け市を代表して国に要望 川崎市議会議員 矢沢たかお

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena

 現在、市議会の第4回定例会の最中ですが、今回は私が所属している「大都市税財政特別委員会」のご報告です。この特別委員会の中でも特に重要な役割である「党派別要望運動」についてお話します。

 川崎市議会を代表して11月20日、市職員とともに自民党本部を訪れました。市の課題を政権与党に直接伝えることができるのは、国県市が連携している議員の強みでもあります。

 全国20の政令指定都市の議員と多くの国会議員が一堂に会する会議で、私は市を代表し、川崎市が置かれている厳しい財政状況と、それを踏まえた要望を伝えてきました。

 川崎市は政令指定都市で唯一の普通交付税の「不交付団体」です。国からの交付金を財源に見込めません。決して財政が豊かという訳ではなく、借金返済の積み立てから借り入れて運営している状況です。このことを前提に要望したのは「ふるさと納税制度」「幼児教育・保育の無償化の実施に伴う財政負担の軽減」などについてです。

 「ふるさと納税」については、不交付団体における影響が甚大であり、川崎市の減収額は平成29年度で約30億円、平成30年度では約40億円にも上る見込みです。財政負担軽減の措置を講じてほしいと訴えました。

 「幼保無償化」に関しては、現行の負担割合のまま実施した場合、約30億円を市が負担しなければなりません。国が責任をもって必要な財源を確保していただきたい、と要望致しました。

 会議の席上で、要職経験がある国会議員にも川崎市の話題を取り上げていただくなど有意義な会議になったと感じています。今回の活動が国の制度改正につながるか注視していくとともに、今後も継続した活動を行ってまいります。

自民党本部で要望活動
自民党本部で要望活動

矢沢たかお

TEL:044-976-2727

http://www.yazawa-t.jp/

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ禍の県政「連携」がキーワード

県政報告

コロナ禍の県政「連携」がキーワード

県議会議員(自民党)持田文男

4月2日号

町内会・自治会支援『補助制度』創設へ

議会質問が前進 市政報告

町内会・自治会支援『補助制度』創設へ

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

3月26日号

新型コロナ対策に積極提言‼

市議会報告 みらい川崎市議会議員団

新型コロナ対策に積極提言‼

3月26日号

震災伝承 命最優先を

東日本大震災の発生から10年 市政報告

震災伝承 命最優先を

公明党川崎市議会議員団 山田はるひこ

3月26日号

特定生産緑地の指定推進事業行政手続きのオンライン化

市政報告Vol.34

特定生産緑地の指定推進事業行政手続きのオンライン化

川崎市議会議員 矢沢たかお

3月19日号

「リニア新幹線工事」は中止を

市政報告

「リニア新幹線工事」は中止を

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク