宮前区版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス12月号 連載寄稿 AIで変える市民サービス!第1弾〜AIで国民健康保険の収納率UPへ〜 川崎市議会議員 石田やすひろ

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena

 人工知能(AI)とは、人間の知的営みをコンピューターに担わせる事を意味します。AIの活用で、我々の生活を豊にすることや、自治体の仕事に貢献する時代がやってきました。既に、本市においては川崎市国民健康保険の滞納者宛ての電話催告業務に、AIが導入されています。享受する市民サービスは、今、変わろうとしています。

 本市では、保険料の収入率向上に向けて、様々、取組んできました。その結果、国民健康保険料の収入率は、年々、上昇傾向にあります。平成29年度の収入率は20政令市中、第3位です。

 本市における平成29年度末の国民健康保険料の滞納世帯数は、約3万5000世帯です。収入未済額は約39億6500万円で、全体の収入率は86・75%となっています。保険料を納めない市民に対してのアプローチが、課題となっていました。

 本市ではコールセンターにて、未納世帯に対して、IVR(自動音声案内システム)やオペレーターにより、電話催告業務を行っていますが、応答率の低さが課題となっていました。

 そこで、本年6月から本市は「川崎市こくほ・こうきコールセンター」事業について、新たな事業者と委託を行い、11月9日より電話催告業務に、AIを導入しました。電話催告業務にAIを活用する取組みは、政令市及び、県内、初となります。AIの活用は、過去の情報を基に電話応答率の高い時間帯等を分析し、予測モデルを作成します。それにより、コールセンターによる効率的な架電を行っています。

 AIの分析により、未納者の応答率が高まることで折衝機会を増やす意図です。現在、AIを導入したばかりなので、どの程度の収入率向上につながるかは未知数です。

 AIの導入は、国民健康保険を対象とするのみですが、税金の収納対策等にも、応用できるのではないかと考えます。本市の財政は、厳しい状況です。今後の、AIの進展により、自治体業務の効率化や財政効果に期待します。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹6-24-26

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

聖火ランナーを応援しよう!

宮前ガバナンス4月号  連載寄稿

聖火ランナーを応援しよう!

〜スポーツのまちかわさき〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

4月16日号

コロナ禍の県政「連携」がキーワード

県政報告

コロナ禍の県政「連携」がキーワード

県議会議員(自民党)持田文男

4月2日号

町内会・自治会支援『補助制度』創設へ

議会質問が前進 市政報告

町内会・自治会支援『補助制度』創設へ

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

3月26日号

新型コロナ対策に積極提言‼

市議会報告 みらい川崎市議会議員団

新型コロナ対策に積極提言‼

3月26日号

震災伝承 命最優先を

東日本大震災の発生から10年 市政報告

震災伝承 命最優先を

公明党川崎市議会議員団 山田はるひこ

3月26日号

特定生産緑地の指定推進事業行政手続きのオンライン化

市政報告Vol.34

特定生産緑地の指定推進事業行政手続きのオンライン化

川崎市議会議員 矢沢たかお

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter