宮前区版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

農産物直売所セレサモス 宮前店が来客100万人 3年2カ月で達成

経済

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena
原組合長(左)から記念品を受け取る白井さん
原組合長(左)から記念品を受け取る白井さん

 セレサ川崎農業協同組合(JAセレサ川崎)=原修一代表理事組合長=の農産物直売所「セレサモス宮前店」の来店者が12月14日、100万人を突破した。2015年10月にオープンし、3年2カ月で大台に乗せた。

 当日は記念セレモニーが行われ、100万人目の来場者となった白井由紀江さん(41)=高津区梶ヶ谷在住=に原組合長から記念品として中原区産のシクラメンと多摩区産のいちごが進呈された。

 白井さんは「同店の野菜は新鮮で安く美味しいので良く買い物に来る。地元産なので安心」と笑顔で話していた。原組合長は「近隣のスーパーマーケットとの差別化を図るためにも、安心安全だけでなく、(生産者と消費者の)顔が見える関係をさらにしっかり作っていきたい」と話した。

貯金残高1兆5千億円

 また同組合の金融部門で14日、貯金残高が1兆5千億円を超えた。原組合長は「貯金残高は信頼の証。総合事業としての基盤ができた」と話した。同JAが誕生した97年の貯金残高は約6500億円だった。

宮前区版のローカルニュース最新6

鷺沼再開発 パネルで周知

鷺沼再開発 パネルで周知 社会

広場活用、利便性に要望も

2月21日号

市民団体と住民が交流

ラブみやまえ

市民団体と住民が交流 文化

多世代でまちづくり活性

2月21日号

らくらく筋トレ

ご存知?宮前体操

ファイル6

ご存知?宮前体操 文化

区オリジナル『風の中で』

2月21日号

都市農業を考える

都市農業を考える 文化

農フォーラム参加者募集中

2月21日号

隔月土曜も開所へ

子育て支援センター2カ所

隔月土曜も開所へ 教育

2月21日号

不法投棄防止を呼び掛け

不法投棄防止を呼び掛け 社会

初の啓発キャンペーン

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク