宮前区版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

未来の地域づくりを考える 全市シンポジウムに90人

社会

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena
まちづくりについて意見を交わす参加者ら
まちづくりについて意見を交わす参加者ら

 未来の地域コミュニティについて話し合う「希望のシナリオ〜これからの地域づくりを考える〜」と題した全市シンポジウムが12月9日、エポックなかはらで行われた。主催した川崎市の福田紀彦市長は、スピーチで今後の地域コミュニティの重要性を力説。「これまでの紋切り型のルールに当てはめるのではなく、多様な意見を出しあって、皆さんと一緒にトライ&エラーでやっていきたい」と呼び掛けた。

  参加したのは、市内7区でまち活動などに取り組む91人。11月に素案をまとめた施策「これからのコミュニティ施策の基本的考え方」についての説明を受け、感想や疑問などを出し合い、区ごとに集まり地域づくりについて意見を交わした。

 川崎市は時代とともに変化する地域事情を踏まえ、今年8月から各区で10年後のまちづくりについて話し合う市民検討会議ワークショップを開催。その結果を受け、素案をまとめた。シンポジウムでは基本理念とともに、区民会議やまちづくり推進協議会などの既存施策について、今後の扱いにも言及した。

 参加した川崎区でボランティア活動に取り組む大学生の清澤星馬さん(22)は「計画実現に時間がかかる気がする。後の世代につなげる意識が大切。若い世代の参加が必要」と話していた。また、麻生区で町会長を務める高橋慶子さんは「町会はいろんな形で行政の役割を担っている。今回の説明を聞いて歩み寄ってくれたように感じた」と話していた。

宮前区版のローカルニュース最新6

宮崎第4公園でバザー

宮崎第4公園でバザー 社会

「おさがりで」交流づくり

5月27日号

心のケアの企画展示

宮前図書館

心のケアの企画展示 社会

有名芸人訃報受け

5月27日号

宮前平二葉SCが初優勝

サッカー宮前区長杯

宮前平二葉SCが初優勝 スポーツ

中央大会へ

5月27日号

3年ぶり さぎ沼まつり

3年ぶり さぎ沼まつり 文化

フェスとバル

5月27日号

昔話に花咲かせ

昔話に花咲かせ 社会

若年性認知症本人の集い

5月27日号

中学給食 献立募る

川崎市

中学給食 献立募る 教育

初の生徒投票も      

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook