宮前区版 掲載号:2019年1月4日号 エリアトップへ

川崎青年会議所の理事長に就任した 大澤 淳一さん 幸区下平間在住 38歳

掲載号:2019年1月4日号

  • LINE
  • hatena

意欲溢れる”熱男”

 ○…1月1日付で川崎青年会議所(JC)の69代目理事長に就任した。まちづくり活動に取り組む同JCには現在、20歳から40歳までの若者約100人が在籍する。JC歴は7年。昨年は神奈川ブロック協議会に出向し運営専務、一昨年は日本青年会議所で副議長を務めた経験から「理事長になる心の準備はできていた。(話が来た時には)ついに来たな」。そんな思いをもって引き受けたと振り返る。

 ○…来年の設立70周年を意識し、「つなぐ」をスローガンに掲げる。「人、地域社会、団体、過去と未来をつなぐ強いJCをつくる」。穏やかな表情ながらも強い決意が滲む。1年の任期の中で特に「SDGs」(エス・ディー・ジーズ 持続可能な開発目標)の推進に力を入れたいと意気込む。昨年11月、インドで開かれたJCの世界会議に出席した際、世界の環境問題に対する意識の高さを痛感した。「日本ではSDGsへの認知度が低い。社会問題に関心を持っていただける事業を行いたい」と意欲的だ。

 ○…不動産管理業「大澤商店」の代表取締役。

叔父が天童市(山形県)でJCメンバーだった影響もあり入会。もっとも当初は「知り合いを増やすだけの団体」とのイメージを抱いていたが、入会して真剣に社会問題に取り組む仲間に触れ、意識が変わった。幸区下平間で生まれ育ち、地元から出たことがなかったという。「JCを通じて市全体、神奈川県、日本の将来について考える広い視野を養うことができた」

 ○…妻、長男の3人家族。熱烈な川崎フロンターレファンでかつてはホーム、アウェイゲーム全試合に足を運び、ACLでは海外まで応援に足を運んだ。「JCとしてフロンターレと共に市の魅力を高める取り組みを行えるのも嬉しい」という。

宮前区版の人物風土記最新6

田村 延子さん

食生活推進員として、食のボランティア活動を行う

田村 延子さん

けやき平在住 77歳

1月22日号

田中 信司さん

職人技を駆使し、受験生や闘病者向けにカツ丼キーホルダーを製作している

田中 信司さん

水沢在住 46歳

1月15日号

谷内 颯志朗さん

関東地区代表として子ども将棋大会の全国大会に出場する

谷内 颯志朗さん

宮前平在住 13歳

12月18日号

森島 悠希さん

東急ストアフードステーション宮前平駅前店の店長に就いた

森島 悠希さん

宮前平在勤 34歳

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

蟻生  寛郎(ありう ひろお)さん

川崎フロンターレ算数ドリルを創刊以来製作している有馬小の総括教諭の

蟻生 寛郎(ありう ひろお)さん

有馬小学校在勤 45歳

11月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク