宮前区版 掲載号:2019年1月11日号 エリアトップへ

3月2日に開催される「ホワイトリボンラン川崎」の実行委員長を務める 宮井 典子さん 宮崎在住 45歳

掲載号:2019年1月11日号

  • LINE
  • hatena

身をもって、女性のために

 ○…走って途上国の女性を支援する全国規模の催し「ホワイトリボンラン」。拠点の一つとして、昨年は宮前平で小規模開催。今年は「川崎」を掲げ、多摩川河川敷(多摩区)を会場に選んだ。当日に向け「子育てママ」を中心とした実行委員6人で準備を進める。「お母さんになると家族のためが当たり前。自分が何者かとふと思う。イベントを通して、誰かの役に立つことを知ってもらいたい」。6歳の娘がいる母として、思いを込める。

 ○…ピラティスのフリーインストラクターになって丸11年。日本母子健康運動協会の理事を務め、産前産後エクササイズに取り組む。出産後、ベビーカーを使った親子運動「バギーラン」に注力し、生田緑地の教室で指導したことも。一昨年、その講師としてホワイトリボンランの本会場に参加したことを機に、地域を見つめまい進する。

 ○…滋賀県で事業を営む裕福な家庭に生まれた。「一人っ子で親は昭和一桁生まれ。甘やかされてわがまま放題だった」。しかし、中学生のときに倒産。逃げるように長野県の親戚を頼った。両親はそれまで、事業の中で慈善活動に尽力していたという。「こんなことになって不平等だと思った。でも、親の『見返りを求めない。喜ぶ顔がうれしい』という言葉を思い出して」。その思いは、今の活動につながっている。

 ○…30歳までは、パティシエやコンビニの商品開発を経験。親の介護による退職、過労に倒れパニック障害で休職したこともあった。上京から9年間、今も膠原病(こうげんびょう)予備軍の疾患と向き合う。「妊娠するまでこんなに動けていなかった。生んだ後、思ったより元気になって」。以来、疾患を抱える人や介護に携わる人にも目を向ける。「元気なうちに、人の役に立ちたい」。まっすぐな瞳で語った。

宮前区版の人物風土記最新6

田村 延子さん

食生活推進員として、食のボランティア活動を行う

田村 延子さん

けやき平在住 77歳

1月22日号

田中 信司さん

職人技を駆使し、受験生や闘病者向けにカツ丼キーホルダーを製作している

田中 信司さん

水沢在住 46歳

1月15日号

谷内 颯志朗さん

関東地区代表として子ども将棋大会の全国大会に出場する

谷内 颯志朗さん

宮前平在住 13歳

12月18日号

森島 悠希さん

東急ストアフードステーション宮前平駅前店の店長に就いた

森島 悠希さん

宮前平在勤 34歳

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

蟻生  寛郎(ありう ひろお)さん

川崎フロンターレ算数ドリルを創刊以来製作している有馬小の総括教諭の

蟻生 寛郎(ありう ひろお)さん

有馬小学校在勤 45歳

11月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク