宮前区版 掲載号:2019年2月1日号
  • LINE
  • hatena

横浜市営地下鉄 宮前区側ルートが有力 新百合ヶ丘まで延伸

経済

概略ルート・駅位置イメージ
概略ルート・駅位置イメージ

 横浜市営地下鉄ブルーラインのあざみ野駅(青葉区)から新百合ヶ丘駅(麻生区)までの延伸について、横浜市は事業化を決定し、2030年の開業を目指すことを明らかにした。川崎市側のルートは3案が示されており、宮前区よりの「東側ルート」を有力としている。

 延伸は1月23日に横浜市と川崎市が事業推進を合意。林文子・福田紀彦両市長が記者会見した。

 両市にまたがる延伸区間は6Kmほど。すすき野付近から終点の新百合ヶ丘駅南口付近までのルートは3案。3案は新駅の場所が異なり、「西側ルート」は白山付近、「中央ルート」は王禅寺公園付近、「東側ルート」はヨネッティー王禅寺付近を想定。両市によると、3案とも費用対効果や事業採算性が認められ、実現可能なルートだとしているが、より整備効果が高い「東側ルート」が有力と説明。川崎市は今後、市民への情報提供や意見を聞いた上で2019年度中に1案を選定する計画だ。

 記者会見で福田市長は「メリットが高くなるよう検討を進めてきた。引き続き早期の事業着手に取り組みたい」と語った。

 向丘地区選出の市会議員・矢沢孝雄氏は「東側ルートは鉄道の駅が3駅しかない宮前区に大きなメリット。向丘地区から横浜方面に向かう場合、溝口経由から選択肢が広がる」と期待を寄せる。

 ルートや中間駅に関して宮前区の団体が3年前、区内を経由し聖マリアンナ医科大学付近など新駅設置の検討を求めた請願を議会に提出し、昨年趣旨採択されていた。

宮前区版のトップニュース最新6件

GW、6割超が一部診療

市医師会加盟機関

GW、6割超が一部診療

4月19日号

ひとり親家庭も対象に

生活保護学習支援

ひとり親家庭も対象に

4月19日号

県会 柳瀬氏(立民)が初当選

統一地方選

県会 柳瀬氏(立民)が初当選

4月12日号

「市民向け施設」設置検討も

川崎市卸売市場

「市民向け施設」設置検討も

4月12日号

市民活動つなげ、相関図に

宮前区

市民活動つなげ、相関図に

4月5日号

区役所等移転の変更なし

鷺沼駅前再開発

区役所等移転の変更なし

4月5日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク