宮前区版 掲載号:2019年2月8日号
  • LINE
  • hatena

介護福祉ボランティアグループ「すずの会」の代表を務める 鈴木 恵子さん 野川在住 

地域見守る全国区の第一人者

 ○…1995年に設立、ボランティアによる高齢者介護など地域に根差した活動を展開している「すずの会」。「地域包括ケアシステム」の原点とも言える先駆的な取り組みで、国から一目置かれる存在だ。20年前、介護保険制度スタートの際に「利用者目線」で作成した情報誌がテレビや新聞などのメディアに取り上げられ、脚光を浴びた。現在も介護の現場に携わりながら、全国各地の講演会に招かれ、視察対応など多忙な日々を送る。

 ○…人物風土記への登場は2回目。前回の掲載紙を仏壇に飾っている知人がいたのだとか。「恵子さんがいると、魔よけになるからだって」と大笑い。利用者やスタッフが高齢で耳が遠い人も多いため「自然に声が大きくなっちゃって怒っているみたいでしょ」とも。冗談を交え周囲を笑顔にする太陽のような明るい人柄が魅力的。その一方で、研究を重ね、裏打ちされたデータをもとに事業を進めるなど経営者的なセンスも持ち合わせる。かつて製薬会社の営業としてトップセールスで活躍した経験も現在のボランティア活動に活かされているようだ。

 ○…活動のきっかけは、子育てしながらの親の介護。今でこそ「ダブルケア」として認知されているが、当時は周囲に同じような境遇の人はいなかった。「包括的なケアを自分でつくる必要があった」と振り返る。「我が事として向き合うのが大切。老後はお世話になる側。楽しい老後のために元気なうちはお手伝いしておきたい」

 ○…多忙な日々を癒すのは銭湯通い。「でも、お風呂で相談されることも多くて、つい長風呂になっちゃうんだけど」と笑う。2人の息子たちは独立しており、現在は夫と2人暮らし。「72歳まで働いてくれ、私を自由に活動させてくれた夫に感謝です」

高濃度酸素カプセル&BOX

酸素の力で疲労回復・治癒力UP

https://www.sanso-box.com/

<PR>

宮前区版の人物風土記最新6件

中川 芳夫さん

第13回フォトコンテストで審査委員長特別賞を授賞した 

中川 芳夫さん

2月15日号

庄司 幹夫さん

2018年度川崎市自治功労賞を受賞した県営野川南台団地自治会長を務める

庄司 幹夫さん

2月1日号

松本 俊一(としかず)さん

第11回ラブみやまえの実行委員会委員長を務める

松本 俊一(としかず)さん

1月25日号

齋藤 正章さん

先月ミニアルバムの配信を開始した「THEだいじょぶズ」のベースを担当する

齋藤 正章さん

1月18日号

宮井 典子さん

3月2日に開催される「ホワイトリボンラン川崎」の実行委員長を務める

宮井 典子さん

1月11日号

大澤 淳一さん

川崎青年会議所の理事長に就任した

大澤 淳一さん

1月4日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク