宮前区版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

かながわ駅伝 川崎、4年ぶりⅤ 橘高2選手 躍進支え

スポーツ

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena
今大会を振り返り、思いを語る福士君(右)、山田君
今大会を振り返り、思いを語る福士君(右)、山田君

 県内19市11町の代表が集い、秦野市などで2月10日に行われた「かながわ駅伝」で4年ぶりの頂点に輝いた川崎市チーム。市立橘高校(中原区)からは福士陽都君(3年)と山田俊輝君(2年)がメンバー入りして優勝を支えた。

 アンカーで7区を走った福士君は、補欠だった中学2年のとき以来2回目の出場。選手の実力が拮抗(きっこう)していた同チームでは前日にアンカーが決まり、緊張していたという。「2位の選手と2、3分の差があったので安心して自分の走りができた」と振り返る。

 補欠として参加した山田君は、中学3年のとき1区を走った経験を持つ。「他選手のアップ方法や動きを見て勉強になった」とし、サポートの重要性について「自分が普段支えてもらって実感していたので、水やコートを選手に渡すなど裏方に徹した」と話す。

 同校の陸上部でも、チームメートとして共に汗を流す2人。自主性を重視する同部では、練習計画や目標を部員が作成しているという。「シーズン中は上級生として練習を引っ張ってきたが、今は1、2年生に委ねている。だんだん後輩たち主導で進められるようになってきた」と福士君。自主性のバトンは次代に引き継がれているようだ。

宮前平中出身も活躍

 4区の廣田彩香さん(荏田高)、5区の石鍋颯一君(青山学院大)は、宮前平中学校の出身。石鍋君は、区間1位の見事な走りでチームの優勝に貢献した。

 川崎市の鈴木大監督は「今回は優勝できるメンバーがそろい、いい状態で大会に臨むことができた」と総括し、「新しいメンバーになるが、今年の選手たちも来年への思いが強い。連覇を狙う」と決意を語った。

宮前区版のローカルニュース最新6

手作りマスク配布へ

長沢自治会

手作りマスク配布へ 社会

「助けあい、できることを」

4月10日号

所属委員会が決定

市民227人、一時活動休止

英国事前キャンプ

市民227人、一時活動休止 スポーツ

市、五輪延期受け

4月3日号

地元アーティストが共演

地元アーティストが共演 文化

5月、アリーノコンサート

4月3日号

献血に57人が協力

川崎富士見ライオンズクラブ

献血に57人が協力 社会

4月3日号

新1年生に登校グッズ寄贈

新1年生に登校グッズ寄贈 社会

JAら交通安全願い

4月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月10日号

お問い合わせ

外部リンク