宮前区版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

市医師会加盟機関 GW、6割超が一部診療 改元に伴う休日、開院数増

社会

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena

 新天皇即位に伴う10連休中の川崎市内の医療体制について、市医師会は病院、診療所等の開院状況をまとめ、ウェブサイトで公開。10日間でのべ1000カ所超、加盟機関の6割以上が開院する。改元により休日となった4月30日〜5月2日の開院数は他の祝日に比べ約5倍となっている。

 川崎市医師会は連休中に一部の医療機関に救急患者が集中することなどによる混乱を避けるため、加盟する約800カ所の医療機関の診療状況を調査。救急対応または外来診療を行う機関を区別にリスト化した。

 市内7区でのべ1118カ所(4月11日時点)が診療を行う予定で、今後も増える見込み。神奈川県のウェブサイトによると、横浜市が522カ所、相模原市が468カ所となっており、11日時点での川崎市内の開院数は県内で最も多い。「昭和の日」「憲法記念日」など通常の4日間の祝日に比べ、今年に限って休日となった4月30日、5月1日、2日に開院する診療所等が5倍ほど多い。

 市内32カ所の病院が1日から4日程度開院する予定で、市立井田病院など一部機関では透析外来や放射線治療等、必要性の高い患者の再診は、祝日も実施するという。地域の診療所等は約470カ所が数日間の診療を行う。宮前区の内科医は「患者から連休中の不安の声を聞いている」と話し、祝日を含む2日間の開院を決めた。

 4月28日から5月6日までの9日間は7区の休日急患診療所や小児急病センター、多摩夜間診療所も開所し、初期診療を受け付ける。

 緊急性の高い重症者は「救命救急センター」が通常通り24時間対応する。軽症者が増えると対応に支障をきたす可能性があるため、同会は「連休に入る前に医療情報を確認し、各機関を適切に受診してほしい」としている。

 連休中の医療情報は県のサイトや市が運営するサイト「かわさきのお医者さん」で検索できる。

宮前区版のトップニュース最新6

区民会議のアイデア形に

区民会議のアイデア形に 文化

市民団体が初のイベント

5月17日号

水飲み場「耐震」53校に

市立小中

水飲み場「耐震」53校に 社会

全校、23年度完了へ

5月17日号

東京2020に「川崎愛」

元川崎F(フロンターレ)部長天野春果さん

東京2020に「川崎愛」 スポーツ

「算数ドリル」、次の一手も

5月1日号

新時代、開発控える宮前区

新時代、開発控える宮前区 社会

鷺沼駅前など3つの計画

5月1日号

外国人に町会加入案内

宮前区全町連

外国人に町会加入案内 文化

市内初、5カ国語で用意

4月26日号

園芸で人つなぎ20年

宮前ガーデニング倶楽部

園芸で人つなぎ20年 社会

区内市民活動の先駆者

4月26日号

ひとり親家庭も対象に

生活保護学習支援

ひとり親家庭も対象に 教育

市、13カ所で希望者募集

4月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク