宮前区版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

「生活排水対策」と「特養申込窓口一元化」 市政報告Vol.25 地域の声を議会に届ける! 川崎市議会議員 矢沢たかお

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena

 3月15日に閉会した市議会第1回定例会で取り上げた「生活排水対策」と、以前から取り組んできた「特別養護老人ホームの申込窓口一元化」の2点についてご報告させていただきます。

もっとキレイな河川に!

 「生活排水対策」を議会で取り上げるきっかけになったのは、地域からの相談でした。宮前区内のある生産緑地で、生活排水が畑の中を通って垂れ流しになっていた事案があり、調査を開始。生活排水は通常、公共下水道で処理されますが、下水道がつながっていないアパートの浄化槽が問題でした。浄化槽には、し尿のみを処理する「単独処理浄化槽」(以下、「単独」)と、し尿に加え、台所や洗濯、風呂等からの生活排水を併せて処理する「合併処理浄化槽」(以下、「合併」)の2種類があり、今回のアパートは前者の「単独」であり、生活排水が垂れ流しの状態でした。

 「単独」は平成13年の法改正で新設が禁止に。市は「単独」から「合併」への転換等に努めることになっています。私が「単独」による環境負荷の影響と、転換促進に向けた取組みを伺ったところ、議会答弁では、「単独」の水質汚染への影響は「合併」に比べ8倍であり、今年1月末時点で4226基ある浄化槽のうち、「単独」は未だ3204基あることが明らかに。転換等を促す積極的な取組みが行われていなかった不十分な対応が露呈しました。

 水質環境の改善に向けた取組みは様々進んでいますが、生活排水対策については一層強力に推進していく必要があります。

特養の待機者実態に即した数に

 市内特別養護老人ホームの待機者について、市は4822人(平成28年4月)と公表していました。しかし、施設側から「入居希望者がいない」という声があったため、実態把握の必要性を議会で初めて提言。「申込窓口とシステムの一元化」を提案し、実現しました。最新の情報では、一元化した後の待機者は2570人(平成31年4月)で、私が議会で初めて取り上げた当時(平成28年)と比べ約半数です。施設増が悪いわけでなく「多額の公金を投じる以上、実態を正しく把握する必要がある」という観点で取り組んできたものです。特養新設に係る次期計画にしっかりと反映されるよう注力していきます。

 先の選挙で皆様からのご付託を受け、2期目の当選を果たすことができました。今後も初心を忘れず、変わらぬ姿勢で努めて参ります。

矢沢たかお

TEL:044-976-2727

http://www.yazawa-t.jp/

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

市民の力で気候変動をとめよう

意見広告

市民の力で気候変動をとめよう

神奈川ネット 県議 佐々木ゆみこ

1月22日号

市立学校、コロナ対応の今!

宮前ガバナンス1月号 連載寄稿

市立学校、コロナ対応の今!

〜臨時休業ルール改定〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

1月15日号

デジタル化で便利な社会に

国際ルール作り 主体的に 意見広告

デジタル化で便利な社会に

衆議院議員 やまぎわ大志郎

1月8日号

保護司の活動支援について特別支援学校 就学に関わる課題

市政報告Vol.33

保護司の活動支援について特別支援学校 就学に関わる課題

川崎市議会議員 矢沢たかお

1月8日号

市と教育委員会にコロナ対策を要望

市政報告

市と教育委員会にコロナ対策を要望

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

1月1日号

コロナ克服へ総力を挙げる

市民のシビックプライドを醸成 12月議会報告

コロナ克服へ総力を挙げる

公明党 川崎市議会議員 山田はるひこ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク