宮前区版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

宮前ガーデニング倶楽部 園芸で人つなぎ20年 区内市民活動の先駆者

社会

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena
活動の紹介をする河井さん(左)と細谷さん(右)。下は会場となったコミュニティガーデンの花壇
活動の紹介をする河井さん(左)と細谷さん(右)。下は会場となったコミュニティガーデンの花壇

 区内の市民活動団体「宮前ガーデニング倶楽部」が設立から20周年を迎える。宮崎の「コミュニティガーデン」で4月20日、記念の集いを開き、会員や関係者たちが親交を深めた。

 「ガーデニングは出会いの場をつくるための道具」を趣旨に活動する宮前ガーデニング倶楽部。

 高津区から分区した宮前区は区民主体で「区づくりプラン」を策定しており、そのガーデン区構想を実現するため活動を開始した。当時は開発で緑が減り、住民のコミュニケーションが十分ではないという背景もあった。

 宮前平駅から市民館に向かう坂にあるポケットパークが発祥の地だ。「タバコのポイ捨て場になっている場所をきれいにしよう」と花を植えたのが1998年12月のこと。翌年5月に宮前ガーデニング倶楽部が発足した。

 現在の会員数は40人。宮崎台駅前、矢上川、宮前平駅前、宮前市民広場、区役所など区内6カ所の花壇を管理するほか、多摩区の生田ゴルフ場の手入れも行っている。

 区まちづくり協議会の関係者は同会の活動に対し「宮前区内の市民活動の先駆者」と評価する。

 昨年4月から2代目の代表を務める河井明子さん(61)=人物風土記で紹介=は、20日の記念の集いで「これからも協働の輪を大切に活動していきたい。30年、40年と続けるためにも、若い人たちに力を引き継いでいきたい」と述べた。

初代の代表偲ぶ

 同会の設立から尽力してきた初代代表の石川和子さんが昨年9月に死去。参加者が石川さんを偲ぶ場面もあった。唯一の設立メンバーで会計を務める細谷章子(あやこ)さん(70)は「石川さんがつくった基礎は受け継がれて残っている」と会場の参加者に語り掛けた。

宮前区版のトップニュース最新6

防災パーゴラを設置

県立東高根森林公園

防災パーゴラを設置 社会

非常時の避難所として

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

新たなつながり創りを推進

ニューノーマルに対応へ 新春インタビュー

新たなつながり創りを推進 社会

高橋区長 新年の抱負を語る

1月8日号

「防護服」を医療現場へ

なでしこ支援隊

「防護服」を医療現場へ 社会

ポリ袋使い700着超

1月8日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 社会

福田市長、2021年を語る

1月1日号

全国水泳大会2冠

有馬中3年高橋さん

全国水泳大会2冠 スポーツ

中学通信、100m平泳ぎで

1月1日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク